業務効率の向上
をご提案します。

業務自動化コンサルティング

業務⾃動化によって負荷軽減や作業ミス削減を⾏い⽣産性を向上させます。

こんなことでお困りではないですか?

こんなことでお困りではないですか?

業務を自動化・標準化して、定型的な作業ミスを減らしたい

採用難により
人材確保が難しい

高付加価値な業務に専念させたいが
定型業務の増加により時間が作れない

↓

業務の課題分析とクロス・ヘッドが培った
IT運用ノウハウとで実現する
業務自動化支援コンサルティング』サービスが
お客様の課題を解決します。

業務自動化支援
のプロにお任せください

INDEX

業務自動化支援コンサルティングとは

業務自動化支援コンサルティングとは

業務コンサルタントが、お客様の現状業務における課題を分析し、
業務プロセスの⾒直しや⾃動化可能な業務のご提案をいたします。

お客様から業務⾃動化のご承認を頂いた業務を、
⾃動化コンサルタントがRPA等のツールを⽤いて⾃動化いたします。

業務自動化支援コンサルティングとは

自動化業務ラインナップ

自動化業務ラインナップ

システム監視・運⽤・保守業務

  • 監視サーバからの定型アラート対応
  • Webブラウザからサービス状態確認
  • ログからハードウェア障害切り分け対応
  • 定型的な設定変更作業の対応

コールセンター業務

  • 受付シートからの顧客データ登録
  • 問い合わせデータ集計、報告書作成

情報システム業務

  • Active Directoryアカウント作成・変更
  • メールアカウント作成・変更
  • グループウェアアカウント作成・変更

人事・労務業務

  • 勤怠データ集計(残業管理など)
  • 交通費集計

経理・会計・財務業務

  • ⽀払、請求データ登録
  • 予算実績データ登録
  • ⽉次決算書作成

営業事務業務

  • 受発注データ登録
  • 顧客データ登録・変更

業務自動化支援
のプロにお任せください

導入プロセス

導入プロセス

STEP 01業務分析
  • 業務内容ヒアリング
  • 業務プロセス洗い出し
  • 課題分析(コスト・属人化等)
業務コンサル担当(※1)
STEP 02改善提案
  • 業務プロセス改善提案
  • 自動化提案(対象業務、自動化ツール(※2)
業務コンサル担当
STEP 03自動化要件整理
  • 自動化プロセス確認
  • 対象ツール整理(Excel、Webシステム等)
  • 自動化用プロセスドキュメント作成
業務コンサル担当
自動化コンサル担当
STEP 04自動化開発 ↓ STEP 05テスト ↓ STEP 06運用説明 ↓ STEP 07本番適用
  • 1業務ごとに自動化開発を実施
自動化コンサル担当
STEP 08モニタリング
  • 自動化導入後の一定期間の効果測定
自動化コンサル担当

※1 専門コンサルティング事業者との協業による提供
※2 RPAを活用

業務自動化支援
のプロにお任せください

業務自動化関連ソリューション

業務自動化関連ソリューション

OCR連携(2018年秋リリース予定)

紙・帳票の記載内容を機械的に読み取りデータ化した上で、業務システムへのデータ登録業務を自動化します

OCR連携(2018年秋リリース予定)OCR連携(2018年秋リリース予定)

RPAとは

Robotic Process Automationの略語で、『ソフトウェアロボットを利用して業務の自動化・効率化を図ること』を指します。
RPAを適用できる業務には「データ収集、データ加工」、「大量データ登録」「システム間連携」、「繰り返し作業」などがあります。

データ収集、データ加工

データ収集、データ加工

大量データ登録・アップロード

大量データ登録・アップロード

システム間連携

システム間連携

繰り返し作業

繰り返し作業

・ROBOWARE

人による定型のコンピュータ操作業務を自動化して代行するソリューションです。

業務自動化支援
のプロにお任せください

活用事例|金融業

活用事例

金融業における活用事例

カブドットコム証券株式会社様

■入金データ情報収集(1時間毎の繰り返し作業)

入金データを業務システムへ取り込む為、平日9時から17時の間、1時間おきに(1日10回)、2つの銀行のWEBサイトから入金データをダウンロードし、ダウンロードデータを所定の場所へ保管する業務を人によって行なっていました。

情報取得

  • システムログイン
  • 入金データのダウンロード
情報取得

データ保存

  • ダウンロードファイルのファイル名を変更
  • 所定場所にファイル保存
データ保存

データ反映

  • 業務システムによるデータ取り込み
データ反映
入金データ情報収集

情報取得からデータ保存までを人が作業

1回の作業時間:7分 1日の作業回数:10回

7分×10回×1ヶ月(22日)=1,540分/月

RPAを導入し、情報取得からデータ保存までの業務を自動化

1回の作業時間:3分 1日の作業回数:10回

3分×10回×1ヶ月(22日)=660分/月

↓

入金データ情報収集の業務自動化により
26時間(1540分)/月の工数削減

■お客様の声

お客様の声

1時間毎に発生する「入金データ情報の収集」は他の業務を中断して実施する作業であるため長年負担を感じておりました。

RPA導入にあたり、充分な費用対効果を得られることは勿論、ユーザ部門としても約30分の口頭説明で済み、繁忙期中でも負担なく導入が進みました。また、スムーズな導入により、導入の為の社内セキュリティ・規定対応に意識を向けられました。

RPAにより本業務による負担軽減に加え、他業務の作業効率も上がり大きな効果を得られました。今回を第一弾として、負担に感じる業務や他システムの自動化も進めていきたいです。

業務自動化支援
のプロにお任せください

活用事例|ITサービス業

ITサービス業における活用事例

クロス・ヘッド株式会社 運用監視センター (CIIC)

■アラート対応

監視システムから受信する障害通知のうち、定型対応のものについて、顧客向けの報告メール作成。

アラートメール確認

  • アラートメールから対応内容を確認
アラートメール確認

インシデント登録

  • 発生ノード、時間アラート内容を登録
インシデント登録

報告メール作成

  • お客様向けの報告メールを作成
報告メール作成

メール作成

  • 内容確認後メール送付
メール作成
アラート対応

アラートメール確認からメール送付までを人が作業

1回の作業時間:20分 1日の送付件数:20件

20分×20件×1ヶ月(30日)=1,200分/月

RPAを導入し、アラートメール確認からメール送付までの業務を自動化

1回の作業時間:5分 1日の送付件数:20件

5分×20件×1ヶ月(30日)=300分/月

■月次報告書作成(月1回)

月に1回、インシデント集計・月次報告書作成し、ポータルサイトへアップロードする業務。

月次報告書作成

  • データのダウンロード
  • 集計/加工
月次報告書作成

報告書追記

  • 非定型作業の内容追記
報告書追記

報告書展開

  • ポータルサイトへアップロード
  • 顧客への通知
報告書展開
アラート対応

インデント集計からポータルサイトへのアップロードまでを人が作業

報告書作成時間:30分 アップロード時間:10分 報告書数:60システム

(30分+10分)×60システム=2,400分/月

インデント集計・報告書作成・ポータルサイトへのアップロード業務を自動化

報告書作成時間:10分 アップロード時間:5分 報告書数:60システム

(10分+5分)×60システム=900分/月

↓

『アラート対応』『月次報告書作成』の業務自動化により
60時間(3600分)/月の工数削減

■担当者様の声

担当者様の声

RPAを導入した事により、メンバーは定型的な繰り返し作業から解放され、作業時間の削減・精神的な負担の軽減のほか、作業ミスの削減も実現し、品質向上にもつながりました。

今回の自動化をきっかけに、他業務でも自動化できる可能性を感じています。業務自動化により削減された工数を、メンバーがより高度な技術を習得するために活用し、結果として現在は自動化が難しく人が介在する必要がある業務についても品質を向上させていきたいです。

ICTマネジメントサービス部MSPグループ マネージャー 増子 智士

業務自動化支援
のプロにお任せください

活用事例|労務管理

労務管理における活用事例

某建設業

■労務管理

社員の業務時間の適正化を目的とする残業申請およびPC稼働状況(電源ON/OFF時間)の集計を自動化しました。日々の集計には大変な手間と時間がかかっていましたが、自動集計の実現により、集計担当者の負荷軽減に加え、社員間の業務負荷の偏りを早期に把握できるようになりました。

残業申請

データ保存

  • システムログイン
  • 全社員の残業申請
  • PC稼働情報を取得
データ保存

データ加工

  • 取得したデータを集計・加工
データ加工

通知

  • 集計データを社内関係者へメールにて通知
通知

各部門長に集計データの内容確認や活用をしてもらいます

活用

  • 集計データの内容確認・活用
労務管理

データ保存から通知までを人が作業

1回の作業時間:30分 作業回数(30日):30回

30分×30回=900分/月

RPAを導入し、データ保存から通知までの業務を自動化

1回の作業時間:10分 作業回数(30日):30回

10分×30回=300分/月

↓

労務管理の業務自動化により
15時間(900分)/月の工数削減

当社からの導入支援の後、適用範囲の拡大はお客様担当者が自ら実施

業務自動化支援
のプロにお任せください

活用事例|広告業

広告業における活用事例

不動産・住宅広告サービス業(社員160名)

■商品管理

24時間365日稼動する商品注文管理システムにおいて、日々商品注文情報を集計し会計処理連携や商品在庫補充を行っています。
人手による集計作業は時間がかかり、担当者の業務負荷も高い。

商品注文

情報取得

  • システムログイン
  • 前日の取引情報を取得
情報取得

データ加工

  • 取得したデータを集計・加工
データ加工

通知

  • 集計データを社内関係者へメールにて通知
通知

商品管理部門には『在庫補充データ』、経理部門には『会計データ』が通知されます。

活用

  • 商品管理部門
    →在庫補充
  • 経理部門
    →会計
商品管理

情報取得から通知までを人が作業

1回の作業時間:60分 作業回数(30日):30回

60分×30回=1,800分/月

RPAを導入し、情報取得から通知までの業務を自動化

1回の作業時間:15分 作業回数(30日):30回

15分×30回=450分/月

↓

商品管理の業務自動化により
30時間(1800分)/月の工数削減

当社からの導入支援の後、適用範囲の拡大はお客様担当者が自ら実施

業務自動化支援
のプロにお任せください