TOP > AWS運用・監視サービス

AWS運用・監視サービス

なぜAWSの運用・監視サービスが必要なのか

AWSを運用・監視するためには専門知識と経験が必要です。
以下のような運用・監視をユーザー自身が実施しようとした場合、設備投資や環境構築による初期コストだけでなく、維持・管理・対応工数も膨大になります。

運用・監視をアウトソースすることで、ユーザーは本来注力すべきビジネスに専念できるというメリットがあります。

AWSの運用の例

  • FW(ファイアウォール)設定

AWSの「セキュリティグループ」を作成・変更・削除します。送信元IPアドレスごとに特定のトラフィックを許可するルールを設定し、該当しない通信を遮断します。

  • バックアップ確認

ログや通知メール等を確認しバックアップが問題なく完了したか確認します。バックアップの際に異常があった場合は原因調査や手動でのバックアップ作業を行います。

  • サーバのスケールイン/スケールアウト対応

Auto Scaling(オートスケール)機能が動作するための条件を設定・変更します。また、キャンペーンなどで予め負荷が上がることが想定される場合は、手動でサーバー台数を増加しておく運用がベストプラクティスとされています。

上記以外にも、「SSL証明書設定」「パッチ適用」「セキュリティ対策」などの対応が必要です。

AWSの監視の例

  • 死活監視

監視対象サーバーにPINGを送信し、サーバーが起動しているかどうかを確認します。

  • リソース監視(CPU,Mem,DISK)

監視対象サーバーのCPU、メモリ、ディスクの使用率を監視します。

  • TRAFFIC監視

サーバーへのトラフィック量を監視します。

上記以外にも「ログ監視」「URL監視」「Java監視」などを行なう必要があります。いずれも予め設定した閾値を超えた際に、障害対応を行う、関係者へ連絡する、対応部門へエスカレーションする等のオペレーションが必要です。

なお、企業においてはクラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッド構成のシステムも多いため、双方の運用・監視ができることも重要です。

クロス・ヘッドはAWSとオンプレミスの両方において運用・監視の実績があります。
運用・監視サービスについての詳細はこちら

クロス・ヘッドのAWS運用・監視サービス

クロス・ヘッドでは、AWSのVPN接続を利用しお客様の環境にセキュアにアクセスした上で、リモート運用・監視を行います。

img

EC2インスタンスについては、Zabbixエージェントをインストールすることで、サーバーの死活監視やリソース監視を行います。
RDSやELBなどマネージドサービス(※)については、AWSのCloudWatchというサービスを利用し必要な値をAPIで取得可能です。
取得したデータは、監視センターにあるZabbixの管理サーバーへ蓄積されると同時に、異常を検知した場合の切り分け対応や障害対応、エスカレーション対応等を実施いたします。

(※)マネージドサービスとは、インフラストラクチャや機能だけでなく運用管理も含めAWS(クラウドベンダー)から提供されているサービスのことです

クロス・ヘッドのAWS運用・監視サービスの詳細は、以下の通りです。

  • 監視サービス
  • 運用サービス

お客様に代わり、監視センター(CROSSHEAD ICT Innovation Center)がAWS上のシステム資源を常時監視いたします。

以下は参考価格です。
お客様とご相談の上お見積もりいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

監視データの保存期間:1年間

【初期費用】
1 AWSアカウント:¥50,000(税抜)~
【月額費用】
・EC2 1インスタンス / ¥10,000(税抜)~
 
・RDS/ELB 1インスタンス / ¥5,000(税抜)~

※上記費用は標準監視項目となります。オプション監視項目については、内容に応じてご相談ください。

サービス名 サービス内容 サービス仕様/制限 単位 標準 オプション
EC2 死活監視 PINGによる死活監視 1IP -
リソース統計情報 CPU、Mem、Disk、I/F統計情報を収集 1ノード -
リソース監視 CPU、Mem、Diskの閾値設けての監視 1ノード -
TRAFFIC監視 TRAFFIC量の閾値設けての監視 -
サービス監視 特定ポートの監視 10個まで 1ノード -
プロセス監視 指定プロセスの監視 20個まで 1ノード -
ログ監視 テキストログ、Windowsイベントログのキーワード指定監視 1ノード -
URL監視 指定URLへの定期監視 ユーザ認証が必要なページは、認証画面の表示まで 1URL -
Java監視 1ノード -
RDS リソース監視 CPU、Disk、データベース接続数等 1台 -
イベント監視 フェイルオーバー監視 -
ログ監視 エラーログ監視 -
ELB サービス監視 特定ポートの監視 1ノード -
セキュリティー監視 1ノード -
監視設定変更 監視項目の追加、閾値の設定変更 3回/月 -
障害復旧対応
(手順書に基づく復旧対応)
手順に則ったプロセス、インスタンス再起動等 3回/月 -
障害通知 障害検知時に『メールのみ』にてお客様へ報告します。 - -
障害検知時に『メール+電話』にてお客様へ報告します。 - -

お客様に代わり、クロス・ヘッドが日々の運用作業をリモートで支援いたします。
作業については事前に取り決められた手順書に基づき実施します。
各運用項目の費用については、内容に応じてご相談となりますので、お気軽にお問い合わせください。

サービス名 サービス内容 単位
設定変更代行 FW設定 アクセス制御設定等 3回/月
負荷分散(ELB)設定 ロードバランス、ヘルスチェック設定等 3回/月
SSL証明書設定 SSL証明書の追加・変更 3回/月
VPC運用・設定・管理 3回/月
AMI運用 3回/月
インスタンスOS運用・設定・管理 OSユーザの追加・削除・変更 3回/月
システムユーザ管理 AWSユーザの追加・削除・変更 3回/月
サーバのスケールインスケールアウト(EC2、RDSリードレプリカ) 3回/月
スペックダウン / アップ(EC2、RDS) 3回/月
Webサーバ(Apache、IISなど) 運用・設定・管理 3回/月
データベース(PostgreSQL、MySQL、Oracle、MSSQLなど)運用・設定・管理 3回/月
Route53運用・設定・管理 DNS設定変更 3回/月
バックアップ EBSを利用してのスナップショット取得 1台
セキュリティ対策 OSのパッチあて WindowsUpdate実施 1台
OSにセキュリティソフト導入 1台
脆弱性診断 1台
問い合わせ対応(使い方のヘルプデスク)
To Top