AWS(Amazon Web Service)は、世界中のビジネスシーンで活用されている、非常にパワフルなクラウドサービスです。このサービスを利用している企業の中には、自社独自のサーバを含めた全体での運用監視する手法について悩んでいる企業は多いのではないでしょうか。この記事では、効率的なシステム運用管理・コスト削減について解説し、さらにベンダー選定時のポイントについても見ていきます。

AWS環境運用監視の現状

まず、AWS環境の運用監視の現状について押さえましょう。AWSには「Cloud Watch」という運用監視サービスが標準装備されていますが、AWS内で閉じたサービスのため、AWS上に乗せるOSやアプリケーション、社内で使っているほかのアプリケーションとは連携ができません。このような外部システムとの連携に難点があるものの、AWS運用監視を行う上でCloud Watchを導入するのはもっとも一般的なケースだといえます。それだけではなく、AWS内の様々な活動を定量的に分析して事業の今後に活かしていく、という視点ではほかの運用監視サービスに比してかなり優位性は高いでしょう。また、Cloud Watchでしか監視できない項目も一部存在します。

しかし、自社専用のサーバを構築している企業にとっての運用監視とは、通常AWSを含めた自社で扱うシステム全体の運用監視を指すのが通常です。Cloud WatchはAWSの運用監視に特化していますが、それ以外の運用監視サービスでもAWSは監視でき、自社のシステム構成に最もフィットしたサービスを上手に選定することで効率的・経済的な運用監視が実現できます。

AWS環境を統合監視すべき理由

Cloud WatchはAWS環境のみ監視するサービスなので、自社の別システム、上位のアプリケーションや社内オンプレミス環境との統合監視が困難なのが短所です。仮にCloud Watchを採用しても、AWS以外の社内システムを監視するサービスを別途採用する必要があり、単純に二重のコストがかかってしまいます。監視対象が増えればそれにまつわる経費がかさむだけではなく、監視業務本来の目的においても非効率です。システムの監視業務は、事業に欠かせない社内システムの問題点を即時特定し、速やかに原因解消に向けた復旧作業へ移行するために行います。すなわち、事業の安定的継続という観点からもシステムの統合監視の実現は急務といえるでしょう。

また、事業部制の企業が経費分割のために部署ごとのAWSアカウントを作成・利用している場合、Cloud Watchはアカウントごとの監視しかできないため、全アカウントをまとめて監視できるようになると効率的です。システムの運用監視は社内の情報通信部門が一括で行っているケースが多いという背景もあります。以上の観点から、AWS環境運用監視サービスをどのように選定するかを見ていきましょう。

AWS環境運用監視ベンダーの選定時にチェックすべき点

では、AWS環境運用監視サービスの提供者(ベンダー)をどのようなポイントをふまえて選ぶべきでしょうか。次の3つのポイントを満たしているベンダーを選ぶことが大切です。1つめは、「AWSインフラ全体に深い知識を有していること」です。AWSが独自で提供するサービスの全体像を把握し、サーバやネットワークに関する幅広い知識を有しているベンダーでなければ、システム障害発生時に迅速・適切な対処を行うことはできないでしょう。2つめは、「自社システムを独自調査し、AWSと連携して統合監視できる技術を有していること」が挙げられます。統合監視を行うにあたり、企業ごとの独自システムの調査・構成把握を行いドキュメント化して、AWSと一緒に一元管理するサービスが提供されていることが望ましいです。最後は、「運用監視上で発見された問題を中長期的に解決する案を提示できること」。先にも述べた通り、システム監視を行う目的は事業の安定的継続にあり、システム障害時の問題を特定・解消した後に、問題分析・再発防止に努めなければ監視業務の目的は完遂されたとはいえません。現状のシステムでも事業の継続はできますが、安定した事業の継続が難しいという事態に陥らないよう、専門的知見・技術・企画力の3点を満たしたベンダーの選定を心がけましょう。

AWSを統合監視して経済性・安全性の追求を!

AWSは非常に優れたクラウドサービスですが、自社内の既存システムとの親和性にも優れているとは限りません。社内全システムを統合監視するサービスを提供するベンダーを選定し、個々のシステム監視にかかるコストの削減や運用上の安全面を追求していくことが大切です。

参考: