昨今いろいろな場面で耳にすることの多い「クラウド」ですが、みなさんはどのようなイメージを持たれていますか?

英語で「雲」を意味する「クラウド」は、ITの世界では「クラウド・コンピューティング」の略称を意味しています。名前の由来には諸説ありますが、インターネット上に存在するデータなどの様々なコンピュータ資源が、あたかも雲の中にあるように見えるため、このような呼び方になったとも言われています。

今回は、いまさら聞きづらい「クラウド」について、よく比較対象とされる「オンプレミス」との違いから、クラウドの種類についてまで、選定ポイントも交えつつ紹介していきます。

オンプレミスとクラウド

「クラウド」の比較として挙げられる「オンプレミス」。まずはその違いから見て行ってみましょう。

オンプレミス とは?

オンプレミスとは、

  • ハードウェア(サーバー、ネットワーク、回線等)
  • ソフトウェア(OS、ミドルウェア、業務ソフト等)

の設備を自社で購入、準備、運用する情報システムのことをいいます。

「クラウド」出現以前の主流が、この「オンプレミス」でした。
「クラウド」の普及とともに、形態区別のために「オンプレミス」という言葉が使われるようになりました。

クラウドとは?

クラウドとは、自社でハードウェアや設備を購入、準備することなく、インターネット経由で、

  • さまざまなIT資源(ハードウェア、ソフトウェア等)

をオンデマンドで利用することができる情報システムのことをいいます。
オンプレミスとの大きな違いは、自社で設備を用意しなくてよいという点になります。

続いて、それぞれのメリット、デメリットを見ていってみましょう。

オンプレミスのメリット・デメリット

オンプレミスのメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  1. 自社ニーズに合わせ自由にカスタマイズ可能
  2. 自社システムとの連携もしやすい
  3. 自社ポリシーに合わせたセキュリティ

一番のメリットはカスタマイズのしやすさです。
自社ニーズに合わせオリジナルなシステムを構築できます。予算が許せば壮大なシステムも構築でき、まさにエンジニアとしての腕の見せ所です。

逆にデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  1. 初期投資、構築に時間がかかる
  2. スケールアウト(拡張)、サービス停止が困難
  3. メンテナンス、障害対応は自社対応しなければならない

自由な反面、自社で機器の購入、設計から運用までを行わなければいけないため、お金と時間、労力がかかります。
サービス開始後も、OSやウィルスソフトの最新化やライセンス管理、さらにはいつ発生するか分からない障害の対応、ユーザからの問い合わせなども、自社でおこなわなければなりません。
機器の増強(拡張)が必要になった場合にも、自社での対応が求められ、さらにお金と時間、労力がかかります。

クラウドのメリット・デメリット

次にクラウドのメリットを見ていきましょう。

  1. 初期コスト、構築期間を抑えられる
  2. スケールアウト(拡張)、サービス停止が容易
  3. メンテナンス、障害対応はクラウドプロバイダーにお任せ

クラウドの場合、コストは使った分だけで済み、小さく構築して、徐々に大きなシステムにしていくことも可能です。
利用サービスはいつでも柔軟に変更でき、仮に不要と判断すれば、サービス停止も容易でコストパフォーマンスにも優れています。
面倒なメンテンナンスも不要、障害時もプロバイダーが対応してくれます。

オンプレミスのデメリットが、クラウドのメリットになっていることが分かります。

それでは、クラウドにデメリットはないのでしょうか?

  1. 柔軟なカスタマイズができない
  2. 自社システムと連携できない場合もある
  3. ランニングコストの管理が必要

クラウドの場合、オンプレミスのような柔軟なカスタマイズは難しくなります。
場合によっては、既存の自社システムへの連携もできないかもしれません。
また、従量課金制のため、日々のコスト管理もオンプレミスよりも負担がかかります。

オンプレミスとクラウドの違い、特徴を簡単に説明したところで、次項からは、クラウドの種類について説明していきます。

クラウドの種類

クラウドとは、「自社で設備を準備することなく、インターネット経由で利用できる情報システム」であるとお伝えしました。
そのクラウドも、大きく「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」の2つに分類されます。

続いて、この2つのクラウドについて紹介していきます。

パブリッククラウドとは?

まずパブリッククラウドについて一言で説明をしますと、
「クラウドプロバイダーが提供するクラウド・コンピューティング環境を利用して、不特定多数のユーザにインターネットを通じて提供するサービス」
であるといえます。

パブリッククラウドの特徴は「共有」です。
ハードウェア、ソフトウェア、回線などを、クラウドサービス利用している世界中の人たちで共有します。

  • Amazon Web Services
  • Microsoft Azure
  • Google Cloud Platform

などが挙げられます。
みなさんも耳にされたことはあるのではないでしょうか。
この3つは海外のクラウドプロバイダーですが、もちろん日本にもクラウドプロバイダーはあります。

クラウドプロバイダーのサービス、料金プランにはそれぞれ特徴、違いがあります。
自社のニーズに合わせたプロバイダー選択が、重要なポイントになります。

プライベートクラウド とは?

一方のプライベートクラウドを一言で説明をしますと、
「クラウド技術を用いて特定企業向けのコンピューティング環境を構築し提供するサービス」
であるといえます。

パブリッククラウドとの大きな違いは「占有」です。
パブリッククラウドのように世界中のクラウドサービス利用者と「共有」することがないため、クラウド上の IT 資源を柔軟かつ効率的に利用することができます。

続いて、それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

パブリッククラウドのメリット・デメリット

パブリッククラウドのメリットとして、大きく以下の3つが挙げられます。

  1. 使いたい量に合わせて利用可能
  2. コストが安い
  3. 管理負担が大幅に軽減

パブリッククラウドの一番のメリットは、コストパフォーマンスの高さが挙げられます。
ニーズにあわせて柔軟に構築、スケールアウト(拡張)ができ、必要な分だけの利用で済みます。

逆にデメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  1. クラウドプロバイダーの変化に対応しなければいけない
  2. 障害発生時にユーザ側でコントロールできない
  3. 自社システムと連携できない場合もある

クラウドプロバイダーに環境を用意してもらう代わりに、クラウド環境の変化にユーザが順応しなければなりません。
例えば、プロバイダー都合で変わるクラウドサービスのメニューやシステム環境の変化をユーザは受け入れなければなりません。
障害発生時にも、障害箇所の特定をユーザでおこなうことが難しく、復旧まで待たされることもあり得ます。

プライベートクラウドのメリット・デメリット

続いて、プライベートクラウドのメリットについて考えてみましょう。

  1. クラウドプロバイダーの影響を受けない
  2. 自社ニーズに合わせカスタマイズしやすい
  3. 自社ポリシーに則ったセキュリティを実現しやすい

まずは何といっても、プライベートクラウドは企業に合わせて環境を構築しているため、カスタマイズは自由です。
もちろん自社システムとの連携も可能で、自社ポリシーに則ったセキュリティも実装できます。

逆にプライベートクラウドのデメリットはどこでしょうか?

  1. 導入・運用コストがかかる
  2. 構築・運用に技術的スキルが求められる
  3. 構築に時間がかかる

プライベートクラウドの場合、自社ニーズに合わせやすい分、システム構築には技術的なスキルが求められます。
設計から構築、運用開始までの時間やコストがかかる点は、覚悟しなければなりません。

まとめ

今回は、オンプレミスとクラウドの比較から、クラウドの種類について紹介をしました。

利用方法は企業や人によって違います。
クラウドにもそれぞれ特徴、違いがあります。
メリット、デメリットをよく理解して、費用対効果が高く、納得のいくクラウドサービスを選択しましょう。