近年注目されている「RPA」という言葉をご存じでしょうか。RPAとは、Robotic Process Automationの略で、簡単にいうとソフトウェアロボットによる業務の自動化です。RPAを導入すると、企業にはさまざまなメリットがあります。今回はそんな、「RPA」についてご紹介しましょう。

RPAとは?何ができる?

RPAとは、「Robotic Process Automation」の略で、簡単にいうとロボットをつかって業務を自動化するツールのこと。人間が行っている業務を、ソフトウェアによる自動処理に置き換える取り組みです。工場の生産ラインなどで、大きなロボットアームが日夜稼働しているのをテレビなどで目にしたことがある方も多いでしょう。これをホワイトカラーの業務にも拡大しようと近年普及が進んでいるのがRPAなのです。

RPAの特徴

RPAの特徴は、何といっても無尽蔵な労働力です。実際に無限に動き続けるわけではありませんが、電力が提供されている限り稼働することができます。また、人間と違い、自分から仕事を止めたりすることもありません。同じ作業を繰り返す「定型作業」が得意で、人間のようなミスもなく正確です。

RPAのメリット

RPA導入の大きなメリットは、人件費削減によるコストダウンが図れることです。また、ミスが激減するため正確性やサービス品質の向上にもつながるでしょう。業務の効率化により、残業や異動などの労務問題も少なくなります。時間が有効に使える分、サービス水準の向上や、業務拡大の可能性もひろがります。このようにRPA導入には、さまざまなメリットが存在します。

RPAでできること

基本的にはパソコン上で操作する業務であれば、自動化することができます。ルール化・フロー化ができる業務であれば、こなせる業務の範囲はかなり広範です。また、RPAでできることは、年々増加していっています。

今後はAIとの組み合わせにより、画像や音声を認識した上で、ある程度自律的に自動処理できるようになる可能性もあり、ある意味、どこまでできるようになるのかは、未知数であるともいえるでしょう。

自由度が高い開発型RPAツール「ROBOWARE」

そんなRPAの中でも、特に自由度が高い「ROBOWARE」をご紹介しましょう。

人のコンピュータ操作を代行

ROBOWAREは、「人がコンピュータの画面を見て判断するキーボードやマウス操作」など、これまで自動化が困難とされてきた作業でも自動化を実現します。さらに、単に命令された操作を行うのではなく、画面に表示されている文章や色といった情報を認識し、それに応じたアクションを実行することができます。

自由な操作設定

現在主流のRPAツールでは、あらかじめ用意されているテンプレートの中でしか操作を設定できません。しかし、ROBOWAREは、汎用プログラミング言語を用いた「開発型RPA」であるため、比較的自由に動作を設定することが可能です。

複数PCによる動作連携

ROBOWAREは一つの端末からだけではなく、複数のPC間をまたぐ、いわゆるリレー(連携)処理の自動化が可能です。このとき、リレーを管理するサーバも不要で、DHCP利用の場合でも連携することができます。

RPA導入をする上でのポイント

ROBOWAREをはじめ、とても便利なツールであるRPAですが、単に導入すれば何でも効率化が図れるというわけではありません。RPAの導入前に注意すべきポイントもあるのです。

投資対効果が得られるかを検討

RPAの導入には、一定のコストがかかります。長期的に見るとRPAは人件費の削減につなげることができますが、短期的にはコストの方が上回るでしょう。導入してみたものの、期待するROI(投資対効果)が得られなかったという結果になれば、失敗に終わってしまいます。事前に導入イメージを考え、投資に対してのリターンが得られるかどうかをじっくり検討すべきでしょう。ROI(投資対効果)は、ビジネスを考える上でもとても重要な要素でもあります。

業務プロセスそのものを見直す

RPAは、人間が行っている業務をコンピュータに置き換えるものです。これは、単に担当者が変わるだけではありません。業務の処理時間は劇的に短くなり、ミスのチェックなどの作業も不要になれば、ほかの業務プロセスも併せて変えていくのが合理的だといえます。RPAの導入を機に、これまでの業務プロセスそのものを見直すことも考えておきましょう。

RPA導入を見据えた環境作りが大切

RPAの導入を見据え、導入に備えた環境作りを事前に行うことが大切です。RPAにも限界があり、できることとできないことがあります。また、できることだとしても効率的でなければあまり意味がありません。RPAを導入する際には、何をRPAに任せるのかじっくり考えた上で上手に利用しましょう。

参考: