ロボット工学の発展に伴い、私たちの身近でロボットを仕事に活用している実例が増えてきています。
たとえば、自社サーバの運用監視業務をロボットに任せて業務自動化(RPA)をする企業があり、サーバ状態の監視はもちろん、システム故障時の定型的な復旧作業もロボットが代行するというのは代表的なケースでしょう。
RPAはコスト削減やミス防止という点で業務改善に大きく寄与します。
RPAソフトウェアはたくさん市販されていますが、中でもユーザ志向の強い開発型の「ROBOWARE」について具体的に取り上げます。

RPAの活用例

RPAとは、人による定型のコンピュータ操作業務を自動化して代行するソリューションのことを指します。
企業内ではRPAをどのように業務に活用しているのでしょうか。
典型的な例はサーバ監視業務です。これは定型作業が多く、かつ24時間体制で行う必要があるため、RPAを導入するのに最適な業務の1つといえます。
既に多くの企業でサーバ監視業務にRPAが導入されていますが、導入に当たって必ず事前検討すべきは緊急時の対応です。
簡単な復旧作業であればロボットが判断して問題を解決しますが、非定型的なシステム故障の際には深夜でも担当者が駆けつけて復旧作業にあたるといった、緊急時の体制構築をしっかり行っておく必要があるでしょう。

このほかにも、工場でのライン業務でIT化の実例はありますが、RPAはロボットの活動範囲を従来のホワイトカラー業務にまで拡張する可能性を秘めています。
人間とロボットが企業内で共存する業務効率化のあり方も今後積極的に考えられていくかもしれません。

RPAの導入効果・メリット

では、RPAの導入効果やメリットは一体何でしょうか。
大きく次の2点が挙げられます。
コスト削減とミス防止です。
まず、コスト削減については、簡易な事務作業をはじめとする一部業務をロボットに代行させることで人件費の削減につながるというのがイメージしやすいでしょう。
もし、作業が長引けば残業代の支給はもちろん、従事する社員の業務負荷増大により退職者が出た場合の後任者採用費といった、考慮すべきコストが非常に多いのです。

次にミス防止についてです。
どのような作業でも人が行っていると必ずどこかでミスが生じるものであり、ミスの有無をチェックする手間もかかります。
この点、ロボットの代行処理では単純ミスが発生しないため、これまで確認作業に要していた時間を別の作業にあてることができ、人的資源の最適配分に寄与するでしょう。
RPA導入のメリットは、従来人間が手作業で処理していた業務をロボットが代行することによる、「人」の周辺問題の解消といえるのです。

RPAを検討するなら、「ROBOWARE」に決まり!

RPAと一口にいっても、どの市販ソフトの導入が推奨されるのでしょうか。
ここでおすすめしたいのは、株式会社イーセクターが提供する「ROBOWARE」です。
特徴的な機能としては、1.キーボードの自動入力、2.マウス自動入力、3.画面表示認識、の3つが挙げられます。
1と2は読んで字のごとく、ユーザが入力したい画面の入力域にキーボード入力を自動で行い、表示されている画面の文字を座標を意識しないで自動でクリックする一連の自動操作を可能にします。
また、3は表示されている画面の文字や色を認識して次のアクションを起こすという優れモノ。
たとえば、監視画面のアラートの赤色を判断して即座に対応したいというクライアントのニーズがあった場合、3の機能によってアラート表示を瞬時に知覚し、アラート時の操作方法を事前に1と2の機能を用いて登録しておけば、ニーズに満足な形で応えられるでしょう。

そのほかの特筆すべき機能としては、複数PCの連携作業も可能で、コーディングによる開発型RPAのため、目視確認かバックグラウンド実行かもユーザ志向によって自由に設定できる点が挙げられます。
開発型RPAについて換言すると、あらかじめ自動化する業務のテンプレートが準備されているテンプレート型RPAとは異なり、ROBOWAREは汎用プログラミング言語を用いて、自動化をユーザがカスタマイズできるRPAだということです。
人がPC上で操作する定型のICT業務であれば基本的に何でも自動化できます。
ROBOWAREの導入によって大幅な業務効率化を果たした例は数多く、ユーザに合わせた自由度の高い製品であることに由来しています。

ROBOWAREの導入で業務改善を推進しよう

今話題の「ROBOWARE」をぜひ導入して、定型業務の大幅な効率化を目指しましょう。
ロボットオペレーションによる作業速度の増進はもちろん、人の手作業を代行することでヒューマンエラーの撲滅にもつながり、一石二鳥といえます。

参考: