PICA8
PICA8 Open Networking

OpenFlow / SDN対応の次世代データセンターグレード・ネットワーク
オペレーティングシステムとスイッチ

お問い合わせはこちらから
PICA8
製品概要 Pシリーズ
ラインナップ
PicOSネット
ワークOS
技術情報 サポート情報 サポート&
サービス

『PICA8 P-3000/P-5000シリーズ』-高機能・ハイコストパフォーマンスな
OpenFlow対応1Uイーサネットスイッチ-

PICA8 P-3000/P-5000シリーズは、先進の『PicOS™』と大手ODMスイッチベンダーが提供する1Uコモディティスイッチで構成される、データセンターグレードのネットワークスイッチです。
PICA8スイッチは高機能・コストパフォーマンスが認められ、すでに多くのデータセンター・サービスプロバイダーに導入されている実績があります。
また話題のVXLANにハードウェアベースで対応し、オーバーレイネットワークとの連携も可能です。

  • P-3297/3297R
  • P-3922
  • P-3930/3930R
  • P-5101/5101R
  • P-5401/5401R
  • Pica8 Switch Software Architecture
  • Pica8対応アクセサリー(SFP+ 他)

『PicOS™』-先進のオープンネットワークオペレーティングシステム-

『PicOS™』はLinux Debianをベースに開発された先進のネットワークオペレーティングシステムです。
サーバーの仮想スイッチとして広く利用されている『Open vSwtich』を搭載し、SDNを実現するための技術の一つであるOpenFlowを標準搭載するとともに、既存のL2/L3ネットワークにも対応すべく、オープンソースのルーティングエンジンである『Xorp』を大幅に機能強化した『XorPlus』を搭載。
従来のネットワークと最新のSDN環境の双方が一つのOSで対応可能となります。
また、Open Compute Project (OCP)が提唱する『ONIE』にも対応し、Quanta/Edge-coreなど大手スイッチメーカーのベアメタルスイッチ(商用シリコンチップで構成された、OSが入っていないスイッチ)へのインストールが可能となりました。
これによりお客様の目的に合わせたスイッチと『PicOS™』の組み合わせが可能となり、より柔軟なネットワークを構築することが可能となります。

P-3297/3297R

P-3297/3297R

48 10/100/1000baseT + 4 10GbEアップリンク(SFP+対応) *2イーサネット対応スイッチ(Switch)、Large TCAM、二重化電源、背面吸気前面排気に対応(Rモデル)

詳しくはこちら

P-3922

P-3922

48 10GbE(SFP+対応)*2 + 4 40GbEアップリンク(QSFP+対応)*3、二重化電源

詳しくはこちら

P-3930/3930R

P-3930/3930R

48 100/1000/10GBase-T + 4 40GbEアップリンク(QSFP+対応)*3、二重化電源、背面吸気前面排気に対応(Rモデル)

詳しくはこちら

P-5101/5101R

P-5101/5101R

72 10GbE(SFP+対応)*2 または 40 10GbE(SFP+対応)*2 + 8 40GbE(QSFP+対応)*3 or 32 10GbE(QSFP+ to SFP+対応)*3アップリンク、Large TCAM、二重化電源、背面吸気前面排気に対応(Rモデル)

詳しくはこちら

P-5401/5401R

P-5401/5401R

32 40GbE(QSFP+対応)*3、Large TCAM、二重化電源、背面吸気前面排気に対応(Rモデル)

詳しくはこちら

PicOSネットワークOS

Pica8 Switch Software Architecture

OpenFlow対応スイッチ(Switch)機能とL2/L3対応スイッチ(Switch)機能を提供するP-3000/P-5000シリーズ共通のハイブリッドOS

詳しくはこちら

Pica8対応アクセサリー(SFP+他)

Pica8対応アクセサリー(SFP+ 他)

検証済みのSFP+/QSFP+等のコネクタやアクセサリ

詳しくはこちら

PicOSネットワークOS

『PicOS™』はLinux Debianをベースに開発された先進のネットワークオペレーティングシステムです。
OpenFlow/L2・L3ネットワークの双方に対応したハイブリットOSであるとともに、ChefやAnsibleなどLinuxサーバー管理ツールを使って管理を自動化できます。また、『ZTP』機能を標準で搭載、これまで高度な作業員を要していたセットアップ作業の大半を自動化するこができ、OPEX削減に貢献します。
『PicOS™』は、スイッチへのバンドル版の他、『ONIE』搭載ベアメタルスイッチに対応した、ソフトウェア単体販売の2種類をご用意。特に『ONIE』対応のモデルでは、複数のスイッチベンダーが提供しているベアメタルスイッチの中から要件に見合ったハードウェアを選択し、『PicOS™』をインストールすることが可能とします。
これにより、今までのようなハードウェア・ソフトウェアを一括で購入する必要がなくなり、利用者は自由にOS・スイッチを組み合わせて、独自のネットワークスイッチをつくることが可能となります。
『PicOS™』をテストしてみたいユーザー向けに、『PicOS™』を 無償(*)にて提供しています。
* トライアル版は4ポートのみ利用可能。