技術情報 Technical Information

Pica8 P-3920 パフォーマンス検証 PICA8 P-3920 Performance Test

はじめに

Pica8社のレイヤ3 10GbEスイッチであるP-3920に対してRFC2544に準拠したパフォーマンス測定を実施。
P-3000/P-5000シリーズはハードウェアには汎用チップを用い、ソフトウェアにはオープンソースのアプリケーションを採用しているが、既存の製品と遜色ないパフォーマンスを発揮することを確認する。

テスト概要

2つのパターンでテストを実施する。それぞれのパターンにおいて通信のスループット(転送量)とレイテンシ(遅延)を測定する。また比較対象として、A社製10GbEレイヤ3スイッチについても同様の測定を実施。

  • ■テスト1
    スイッチはレイヤ2で動作させる、測定器からスイッチで折り返す経路を測定する。
  • ■テスト2
    スイッチはレイヤ3で動作させる、測定器から出たフレームをスイッチ内でルーティングさせて測定器に戻るまでの経路を測定する。
    * P-3920は図表中でPronto(旧型名)と表示されている。

テスト1の結果

スループットおよびレイテンシのレイヤ2の結果測定は次のとおり。

スループットL2
レイテンシL2

スループットについては、いずれのバイトサイズにおいてもワイヤーレートといえる数値が記録された。また、比較対象のスイッチでは64バイトのときのスループットで2割程度低い値が測定されたがP-3920スイッチについては安定的な数値となっていた。
レイテンシにおいては1/3から1/4程度の低レイテンシとなり、フレームロスの発生もなかった。

テスト2の結果

スループットおよびレイテンシのレイヤ3の結果測定は次のとおり。

スループットL3
レイテンシL3

レイヤ3の環境においてもワイヤーレートと言えるスループットを記録。レイテンシも比較対象より1/3から1/4程度の低い数値を記録した。こちらもフレームロスは発生せず。

結論

テスト1およびテスト2の両方においてスループットについては既存のスイッチと同等あるいはそれ以上の数値が測定できた。レイテンシにおいては既存スイッチを大幅に下回る数値が測定できた。
以上より、P-3920スイッチは既存のスイッチと同等以上の性能を持つと結論づけられる。

テスト環境詳細

レイヤ2の試験環境 レイヤ2の試験環境
レイヤ3の試験環境 レイヤ3の試験環境

お問い合わせ

本レポートに関するお問い合わせは弊社窓口までご連絡ください。

cloud-sales@crosshead.co.jp