Ekran System
シンプル&低価格
操作画面を録画する証跡管理ソリューション

情報漏洩インシデントの大きな要因を占めるのが「内部不正」や「不正な情報持ち出し」です。
これらは発生件数割合は少数ながら,発生時には大きな被害額となります。
Ekran(エクラン)は「内部不正」や「不正な情報持ち出し」の抑止力として、簡単に、低価格で、確実なロギングを提供します。

お問い合わせはこちら

Ekran System

サーバーのターミナルセッションとワークステーションのローカル、リモートセッションを画像で記録

サーバーのターミナルセッションとワークステーションのローカル、リモートセッションを画像で記録
スクリーンショットを処理する最先端技術を使って、あらゆるネットワークプロトコルのローカル、リモート、ターミナルセッションのコンピュータ画面を画像で記録します。ウィンドウタイトル、アプリケーション名、URLアドレスなどのメタデータとキーボード入力されたテキストを合わせて記録します。

Ekran System が取得できる情報

ユーザーと管理者のセッションの画像と共に記録される情報

  • セッションの開始/終了時間
  • セッションの時間
  • ユーザー、ホスト名

エピソードに同期されたテキストリスト

  • エピソードに含まれる情報
  • タイムスタンプ
  • アクティブなアプリケーション名
  • アクティブなウィンドウタイトル
  • 入力されたURL
  • 入力された Linux の exec、sudo コマンド
  • すべて関連付けされたキーストローク (キーロガー機能)

設定されたルールに従って設定された画質のスナップショットを作成 (頻度、キーイベント)

サーバー接続が一時的に切断された場合ローカルにデータを記録し後で再送する

アプリケーション名とアクティブなウィンドウタイトルでフィルターして記録する

証跡データのエクスポートと記録の再生とリアルタイムにライブセッションを表示

証跡データのエクスポートと記録の再生とリアルタイムにライブセッションを表示
すべてのデータは、セッションプレイヤーを含む実行ファイルとしてエクスポートできます。記録されたセッションを分析可能な画像再生機能を持つセッションプレイヤーが組み込まれています。これにより、特別なソフトウェアをインストールせずに、あらゆるコンピュータで記録を共有し再生できます。
リアルタイムモードでネットワーク上のコンピュータスクリーンをモニターする機能を搭載しています。"ライブ"セッションで接続すると、その瞬間コンピュータ/セッションでなにが起きているかをリアルタイムに見ることができます。

イベントによるリアルタイムアラート

イベントによるリアルタイムアラート
カスタマイズ可能なアラート機能を使用すると、システムイベントとユーザーの動作に応じてすばやく対応することができます。ユーザー名、アプリケーション名、ウィンドウタイトル、ユーザー名を使って、アラートルールを設定し、管理者はイベントのタイムスタンプ、ユーザーとホスト名、画像記録へのリンクを記載した通知またはメールを受け取ることができます。
  • 事前に定義されたアラートのルールを活用できます。
  • アラート毎にリスクレベル(高中低)を設定され色分けされて表示されるため、問題レベルが一瞬で見分けることが可能です。

簡単なデータ分析: 検索、フィルター表示

簡単なデータ分析: 検索、フィルター表示
記録されたテキストメタデータを使って、検索、グループ表示、フィルター表示を実行することができます。たとえば、指定した名前の文書をだれがいつ開き、どういう操作を実行したかという画面を直接見ることができます。
この機能を使えば、ユーザーごとに何時間もかけて記録を分析する必要はなく、簡単に目的の記録を参照できます。

Ekran Systemの特長

全てのユーザーの画面操作を完全に記録、制御可能

‐特権ID権限/環境/アプリケーションに関係なく、記録、制御することが可能

マイナンバー、ISO27001、PCIDSSの各種要件に対応可能

‐各種情報セキュリティの要件を対応しており、日々の運用をサポート

Webベースの統合環境により、場所選ばず、効率よく管理可能

‐シンプルなWebベースの管理ツールにより、直感的に運用することが可能

画面操作以外に、キーボードストロークも記録可能

‐URLアドレス、キーボード入力操作履歴を記録。より強固なセキュリティを維持可能

シンプルな構成で高いコストパフォーマンスを実現

‐Ekranサーバ、管理対象とシンプルな構成で課金対象は管理対象のPC、サーバーのみ
‐リーズナブルな料金体系であり、VDI環境はサーバのライセンスのみで実現可能に

クラウドサービス、オンプレミスでの提供も可能

‐お客様の予算感、規模感によって、クラウド、オンプレミスでの提供が可能

2つのラインナップをご用意 → Standard版、Enterprise版

その他の機能

To Top