TOPイメージ
TOPイメージ

Dataclasys

DataClasys(データクレシス)は独自の暗号化・DRM技術を元に開発された機密情報保護・情報漏洩対策製品です。情報の重要性に基づいた「機密区分」を設定し、あらゆるファイルを「ファイル単位」で暗号化します。暗号化したファイルは様々なアプリケーションで暗号化したまま利用が可能です。

利用シーン

  • 顧客などの個人情報
    流出を阻止したい

  • 社内の重要機密情報を
    保護したい

  • クラウドストレージ上の
    ファイルを暗号化したい

  • CADデータを暗号化して
    海外事業所や取引先と
    安全にデータを使いたい

  • 仮想デスクトップ環境でも
    ファイルを暗号化して
    セキュリティ強化したい

【金融業】
顧客などの個人データの流出を防ぎたい
社内の機密情報を重点的に保護したい
ストレージ内の重要データのハッキングに備えたい
仮想デスクトップと暗号化で更にセキュリティを強化したい
【製造業】
海外事業所や取引先だけを対象に安全にデータを使わせたい
顧客から預かった設計などのデータの保全がしたい
社員の退職による重要データの持ち出しに対策を講じたい
PDM、PLMのファイル管理システムと連携してデータを保護したい
【官公庁】
DRMと暗号化による情報漏洩対策を検討したい
膨大な量のデータの中から、個人情報を含むファイルを検出して暗号化したい
セキュリティ強靭化対策により導入された仮想化端末でも利用したい
BCP・テレワークを目的としてクラウドストレージを使うが、情報漏洩対策も講じたい

DataClasys 4つの特長

DataClasysの特長
  • 1.あらゆるファイル形式のデータを
    ファイル単位で暗号化したまま利用可能

    Microsoft Office、PDFなどにも対応
    DTP、動画などのマルチメディア系ソフトにも対応
    CADソフト、エンジニアリング系ソフトにも対応
  • 2.暗号化したままファイル閲覧/更新が可能

    ファイル名、アイコンおよび拡張子は変更されず、通常の平文ファイルと同じ操作で利用可能
    暗号化状態は保持されたまま利用可能
  • 3.細やかな運用ルールを設定可能

    閲覧/更新のほか、印刷/スクリーンショット/コピー&ペースト/メール添付等を禁止
    ファイル更新時、外部ファイルへの書き出しを禁止
  • 4.オフラインでも安全に利用可能

    国内外への拠点へ機密ファイルを暗号化して配布
    社外や通信環境が無い環境でも暗号化したままファイル利用が可能、漏洩を防止
    利用期間の期限、利用端末の制限が可能

DataClasys 5つの機能

機 能.1

使い方に応じたさまざまなファイル暗号化機能

自動暗号化
あらかじめ指定したフォルダにファイルを移動/コピーするだけで暗号化。
暗号化ファイル利用の際もパスワード等は必要なし。
フォルダに追加されたファイルはリアルタイムで暗号化。
一度暗号化されたファイルはフォルダから移動/コピーしても暗号化されたまま。
手動暗号化
ファイルを右クリックで個別に暗号化。
フォルダ内のファイルをまとめて暗号化も可能。
ダイレクト暗号化
設定されたフォルダにアプリケーションから直接ファイル保存するだけで暗号化。

機 能.2

柔軟にアプリケーション指定が可能

ユーザー自身で暗号化ファイルを扱うアプリケーションの登録が簡単に可能
アプリケーションリストの編集

機 能.3

操作ログの収集が可能

DataClasysサーバでさまざまな操作ログの収集が可能*
*ログは日付指定でのCSVファイル形式で取得可能
起動ログ: DataClasysサーバの起動、終了のログ
接続ログ: DataClasysユーザクライアント、マネージャクライアントのDataClasysサーバへの接続のログ
コマンドログ: DataClasysユーザクライアント、マネージャクライアントの操作ログ
警告ログ: DataClasysの運用中に生じたセキュリティ上の問題につながる事象のログ
(IDファイルの複製使用、端末固定情報の変更など)
エラーログ:DataClasys サーバのエラーログ
操作ログの収集図

機 能.4

多様な権限設定が可能

ご利用状況やご希望に合わせ、多様な権限設定が可能
権限名称 内 容
「暗号化」 暗号化できる権限です。
「復 号」 暗号ファイルを元の平文に戻す権限です。
「完全消去」 ファイルの書き込みされたディスク領域も「乱数」で3回上書きし、復元ソフトでも復元はできないように完全消去します。
「閲 覧」 暗号化ファイルにアクセスし、閲覧する(開く、読み取る)権限です。
「更 新」 暗号化ファイルを編集、上書き更新(保存)できる権限です。
「削 除」 暗号ファイルを削除できる権限です。
「ファイル出力」 暗号ファイルから平文ファイルの出力を許可できる権限です。
「クリップボード出力」 クリップボードへの出力を制御する権限です。
「プリント出力」 印刷を制御する権限です。
「スクリーンショット」 Windows標準のスクリーンショットを制御する権限です。
「メール添付」 暗号化ファイルのメールへの添付を制御する権限です。
「メール送信」 Word、EXCELなどのアプリケーションから開いた暗号文を、そのままメールとして送信することを制御する権限です。
「Web送信」 暗号ファイルを”平文で読み込んだプロセス(アプリケーション)”が、IP による通信を行うことを制御する権限です。

機 能.5

オプション機能

「ユーザー認証連携」や「添付ファイル付きメール送信連携」が可能
ActiveDirectory連携ツール(AccountSync)
1. 社内ディレクトリの活用
社内ActiveDirectoryユーザをDataClasysユーザとして利用可能です。
ADユーザの新規追加・更新編集・削除・認証失効をDataClasys側に自動で反映。導入後はDataClasys側でユーザ管理をする必要はありません。
ADユーザ属性を使ってグループ・ポストを自動で振分けることが可能です。
ActiveDirectory連携ツール
2. ADアカウント固定を使ったDataClasysの自動起動が可能
ActiveDirectoryログオン時に自動でDataClasysを起動することが可能です。
起動時にIDファイルで紐付けられたADアカウントユーザでログインしているか確認します。
異なる場合はDataClasysユーザクライアントの起動を許可しません。
メール送信時に暗号化ファイルを自動復号し誤送信防止(DataClasys × BRODIAEA safeAttach)
DataClasys × BRODIAEA safeAttach
1. 日頃はDataClasysを利用しファイル単位の暗号化による強固なセキュリティ対策を利用します。添付ファイル付きメールを送信する際には、まずメールを作成し暗号化されたファイルをそのままメールに添付します。
2. メールが送信されると、DataClasysのMailProxyオプションにより暗号化された添付ファイルを自動復号します。
3. 復号化した添付ファイルはBRODIAEA safeAttachに渡り、再びパスワード付き圧縮ファイル(ZIP形式)に暗号化されます。

システム基本構成

DataClasysはRDB(PostgreSQL)を採用、対障害性の向上をサーバの二重化により実現、
DataClasysユーザクライアントはプライマリサーバと通信できない場合、セカンダリサーバへ自動的に接続します。
システム基本構成図
■ DataClasys サーバ
利用者の利用権限についての判断を行い、権限に応じた復号用の鍵情報などを配信するプログラムです。
■ DataClasys マネージャクライアント
ユーザ登録、利用権限の付与、管理者権限の付与、ユーザ操作履歴の管理などを行なうプログラムです。
■ DataClasys ユーザクライアント
利用者のPCで動作するプログラムです。
■ DataClasys IDファイル
利用者が持つ鍵情報ファイルです。機密ファイルを利用する際に必須、本人承認などを行う重要なファイルです。利用端末を制限することによって、安全に管理することも可能です。有効期限の設定もできます。
■ フォルダ自動暗号化
ファイルサーバなどの共有ファルダ内にファイルが保存されるとこれを監視し、自動的に暗号化します。WindowsサーバだけでなくNASなどの専用OSで動作するファイルサーバのフォルダでも利用可能です。

動作環境

DataClasys
ユーザクライアント
Windows XP (32bit)、Windows Vista (32/64bit)、
Windows 7 (32/64bit)、Windows 8 (32/64bit)、Windows 8.1 (32/64bit)、
Windows 10 (32/64bit)
※ドライバ無し版でインストールする場合は上記に加え
Windows Server 2008/2008 R2、Windows Server 2012/2012 R2/2016で動作可能。
DataClasys
マネージャクライアント
Windows XP (32bit)、Windows Vista(32/64bit)、Windows 7(32/64bit)、
Windows 8(32/64bit)、Windows 8.1(32/64bit) Windows 10(32/64bit)、
Windows Server 2008 (32/64bit)/2008 R2 (64bit)、
Windows Server 2012 (64bit)/2012 R2 (64bit)、
Windows Server 2016 (64bit)
DataClasys
サーバ
Windows Server 2008 (32/64bit)/2008 R2 (64bit)、
Windows Server 2012 (64bit)/2012 R2 (64bit)、Windows Server 2016 (64bit)
DataClasys
自動暗号化サーバ ※2
Windows Server 2008 (32/64bit)/2008 R2 (64bit)、
Windows Server 2012(64bit)/2012 R2 (64bit)、Windows Server 2016 (64bit)
※仮想プラットフォームの上記ゲストOSでも動作可能。
データベース PostgreSQL
暗号方式 公開鍵暗号方式と共通鍵暗号方式のハイブリット
公開鍵:RSA(鍵長2048ビット)
共通鍵:AES(鍵長256ビット)
シンクライアント環境での
動作実績
Microsoft:Remote Desktop Services (RDS)
Citrix:XenApp、XenDesktop
VMware:Horizon View
Parallels:2X Remote Application Server (RAS)
※1. 仮想デスクトップはVDI/SBC方式に対応。(方式によって個別設定が必要になる場合があります。)
※2. NASなどの専用OSで動作するファイルサーバを対象にフォルダ自動暗号化を設定する場合に必要となります。
※3. 仮想環境での動作は、仮想プラットフォームを提供するベンダにより動作保障範囲が異なるため、お客様による障害切分けを前提としてお使いいただくことがあります。
※4. メーカーによるサポート終了製品への対応はご相談ください。

対応アプリケーション

一 般
Microsoft Word/Excel/PowerPoint(32/64bit)、OneNote、Access、Publisher、Visio、メモ帳
ワードパッド、ペイント、Windows Media Player、Windows フォトギャラリー
OfficeViewer(Word、Excel、PowrPoint、Access Snapshot Viewer)
アドビシステムズ Acrobat Reader、Photoshop、Illustrator
ジャストシステムズ 一太郎、花子
富士ゼロックス DocuWorks、TIFF Viewer
Apache ソフトウェア財団 OpenOffice
The Document Foundation LibreOffice
ファイルメーカー FileMaker Pro
CAD
オートデスク AutoCAD、AutoCAD Mechanical、AutoCAD LT (2009以降)、Inventor
Inventor View、DWG TrueView、Vault
ダッソー・システムズ SolidWorks、CATIA、eDrawings Viewer
ENOVIA SmarTeam
シーメンスPLMソフトウェア NX、JT2Go
PTC Creo Parametric、Windchill
三菱電機エンジニアリング 図王
Jiro Shimizu & Yoshihumi tanaka Jw_cad
富士通 iCAD SX,iCAD MX
デザイン・クリエィション CADPAC-CREATOR
ECADソリューションズ ECAD dio
エーティ WINSTAR CAD
タナックシステム CADCity
キヤノンITソリューションズ TURBOCAD
フォトロン 図脳 RAPID17
アンドール CADSUPER FX Ⅱ
ベントレー・システムズ MicroStation
シスプロ Walkinside,DesignDraft
CHAM-japan ZWCAD
IdeaMK Inc. IGS Viewer
ラティステクノロジー XVL Player
CGTech VERICUT
連携実績のある主なアプリケーション
インフォコム MySAFER
Wips SecureFiles+
シャープマーケティングジャパン データセキュリティサービス
Aras Corporation Aras Innovator
アララ P-Pointer、P-Pointer File security、P-Pointer EXA
ジャストシステム ConceptBase Enterprise Search
NSDビジネスイノベーション eTransporter
富士ゼロックス ArcSuite Engineering
日本CA Arcserve Replication
※1. 上記以外にも検証結果により、随時対応が可能です。
※2. 動作を保証するものではありません。お客様環境によって個別設定が必要になる場合があります。

CONTACT

TEL : 03-5793-3381 (平日 9:45〜17:15)