safeAttach
メール誤送信
対策ソフト

BRODIAEA safeAttachはうっかりミスを防ぐメール誤送信対策アプライアンスサーバです。 メール誤送信を未然に防ぐ、メール保留、自動暗号化、自動BCC化、送信ブロック、第三者確認などの機能を備え、簡単かつ低価格な導入と、柔軟な運用を実現するアプライアンス製品をぜひ、ご検討ください。

評価版無料貸出・資料のご請求はこちらから
  • BRODIAEA safeAttach

  • safeAttach Powered by CROSSHEAD

機能詳細

製品名 safeAttach
アプライアンス
safeAttach
VM版
safeAttachクラウド
アカウント/スタンダード/ハイスペック
製品形態 アプライアンス ソフトウェア
VMware対応版
クラウドサービス
暗号 添付ファイル
メール本文
AES
ダウンロード 添付ファイル
メール保留
第三者によるメール確認
運用ルールのグループ化
宛先のBCC化
本文・添付ファイルの自動暗号化

サーバ側で、自動的にメール本文・添付ファイルを暗号化。送信者の手間をかけず、簡単・確実に情報漏洩を防止します。
復号パスワードも自動生成・自動送信することが可能。パスワード送信ミス・紛失も防ぎます。
パスワードポリシーは宛先ごとのルール条件により、 固定パスワードやランダムパスワードを選択でき、文字数や指定文字などを柔軟に設定することが可能です。

ダウンロード機能

添付ファイルを分離し、本文メールに記載したURL経由で保存されたファイルをダウンロードで提供します。

ZIP暗号化方式

企業間取引で広く利用されているZIP形式を採用。特別なツールをインストールする必要がなく、受信者側の負担もかかりません。

間違いメールの復号化防止

万が一、宛先や添付ファイルを誤って送信してしまっても、パスワード通知メールをキャンセルすれば、メール復号化を阻止し、情報漏洩を防ぎます。

保留

メール保留機能は、本文内容・添付ファイル・宛先に間違いがあれば、メール送信のキャンセルを可能にします。

第三者確認

ルール条件に応じて、第三者による送信メールの確認・送信ブロックが可能です。

BCC化

ルール条件に応じて、TO・CCのアドレスを強制的にBCC化。アドレスの漏洩を未然に防止します。

グループ管理

グループ企業・部署毎に、権限を委譲でき、クラウド環境やサービス事業において円滑な運用が可能となります。グループ化機能は、管理・機能が分離され、完全に独立したルール運用を実現します。

AES

暗号化方式として、強度の高いアルゴリズム「AES 256bit」にも対応。強固な暗号化を実現します。送信するメールの目的に合わせた暗号化方式を選択できます。

その他の機能
  • 拡張子を変更して送信可能(例:xxx.zip → xxx.zi_)
  • 複数の添付ファイルを1つのZIPファイルで送信可能
  • メールサイズによるルール振り分け機能(例:10MBを超えるメールはブロック)
  • 暗号化メール・パスワード通知メールに任意のコメントを挿入可能
  • ログ管理機能・リソース監視機能
  • システム異常時のアラート通知(メール・SNMPトラップ通知)
  • 複数台構成時における設定同期機能