SecureCore DSE
ファイル暗号と
二次利用制御

社内PCやファイルサーバーにある重要データを暗号化し、情報漏洩を防ぐ製品です。SecureCoreDSEでデータを暗号化すると、常に暗号化されている状態となるので、内部犯によるデータの外部流出や標的型攻撃の対策にもなります。またメール等で社外に出した重要データも細かな制御が出来るので、二次漏洩対策としてのご利用や、USBメモリ等の外部記録媒体を管理して利用を制御する事も可能です。

評価版無料貸出・資料のご請求はこちらから

SecureCore DSE

製品概要 機能 動作環境

こんな失敗が起きていませんか?

大事な顧客名簿を暗号化し忘れて、
部外者からも見えてしまった
仕入れ価格の入った書類を
うっかり顧客にメールしてしまった
飲み会のあと、製品の設計図が入った
パソコンを電車に忘れてしまった
データが委託先で不正利用され、
情報漏洩事件となってしまった
派遣社員/外注社員が、私物のUSBメモリに
機密データをコピーして持ち帰ってしまった
端末がなりすましメールに感染し、
知らぬ間に個人情報を外部に送信されてしまった
Securecore DSE

SecureCore DSEを導入することで、以下の効果があります。

  • 自動で漏洩対策してくれるので気にする必要がない。
  • 流出してもファイルは暗号化されているため安全。
  • 他人に転送・拡散されてもファイルは安全。
  • 悪意を持って持ち出されてもファイルは安全。

 

【Securecore DSE 概要】

  • 従来のファイル暗号製品はシステム管理者が特定の重要データを暗号化する為、重要データを見落とすリスクがありました。SecureCore DSEは、アプリケーションを指定してSecureCoreDSEが自動的に暗号化を行いますので、個人情報が入ったデータの暗号化漏れが発生しません。
  • SecureCoreDSEで暗号化されたデータは社外に持ち出しても暗号化されてるため、データの閲覧が出来ません。
    社外に持ち出して社外端末で閲覧や編集をしたい場合は、転送不可や印刷不可等の発信者側の条件付きで利用が可能となります。
基本仕様

指定したアプリケーションの自動暗号化

自動暗号化

二次漏洩対策

企業間の情報共有が進んでいます。
SecureCore DSEなら、 相手先に渡した機密情報の不正利用や二次流出が発生したとしても、失効(閲覧停止)することで、情報の拡散を防ぐことができます。

二次漏洩対策

注記)ご利用には、配布先のWindowsアカウントに管理者権限が必要です。

二次漏洩対策(条件付きで重要データを外部へ送信)

二次漏洩対策(条件付きで重要データを外部へ送信)

外部媒体制御

企業の情報インフラは社内と社外の境界を超え拡大しています。
外部媒体・ハードウェア制御機能にて、デバイスの利用や接続先ネットワークなどをコントロールすることで、漏洩してはならない機密情報が社外へ出ることを阻止できます。

■ 端末のUSBポートを制御

外部媒体を「禁止」、「読取専用」、「書込み専用」、「許可」で細かく制御可能
Check icon 外部媒体: USBメモリ、外付けHDD、外付けCD/DVDなど

■ 端末のハードウェアを制御

ハードウェアを「禁止」、「許可」で制御可能
Check icon ストレージデバイス : フロッピーディスク、タイプデバイス、PCMCIAカード、
プリンター、1394デバイス、ポータブルデバイス
Check icon ネットワーク装置: 無線LAN、Bluetooth、赤外線デバイス、モデム・3Gカード、
COMポート/LPTポート

動作環境

最小サーバースペック 対応OS Windows 7(32/64bit)/ 8(32/64bit)/ 8.1(32/64bit)/ 10(32/64bit)/
Windows 2003 Server/Windows 2008 Server/
Windows Server 2012/Windows Server 2016
CPU Pentium 500MHz以上または同等性能のプロセッサ
メモリ 128MB以上
グラフィック 標準VGA256以上
ハードディスク 1GB以上(標準インストールの場合)
データベース SQL Server 2008、またはSQL Server 2008以上
最小クライアントスペック 対応OS Windows 7(32/64bit)/ 8(32/64bit)/ 8.1(32/64bit)/ 10(32/64bit)
※Mac、Linux、iOS、Androidにも対応予定(※一部の機能制限があります)
CPU Pentium 500MHz以上または同等性能のプロセッサ
メモリ 64MB以上
ハードディスク 32MB以上

システム構成