研修サービス
[公開講座]
Lecture

講座名

Linux管理(実習あり)

講座概要 About Lecture

コース名 Linux管理(実習あり)
概要 Linuxをサーバプラットフォームとして使用する場合に必要となる基本的な管理作業について学ぶ研修です。
プロセス管理、ユーザー管理、アクセス権など、Linuxのシステム管理に必要となる知識や操作について、座学と実機を用いて学習します。
演習では、1人1台のCentOSを使用し、ユーザ管理やアクセス権設定、パッケージ管理などの操作を行います。
■実習項目
  • Linuxの起動と停止
  • シェルとプロセスの操作
  • ユーザアカウントの管理
  • ファイル/ディレクトリのアクセス制御
  • ファイルシステムの管理
  • パッケージ管理
  • ネットワーク設定
目標 本コース修了後、次の事項ができることを目標にしています。
  1. Linuxの起動と停止の仕組みを理解し、システムを安全に起動、停止する。
  2. アカウントの新規作成、切り替えができる。
  3. リソースに対して適切なアクセス権を設定できる。
  4. パッケージのインストール、アップデート、アンインストールができる。
対象 Linuxシステムの管理業務の基本を把握したい方。
前提知識として、Linuxの基本コマンド(ファイル操作、viなど)の知識、操作経験が必要です。
研修形態・時間 講習会/1日間(10:00~17:30)
定員 10名
受講料 35,000円(税抜)

講座内容 Lecture

全日

第1章 Linuxの起動

第2章 シェルとプロセスの管理

第3章 ユーザーの管理

第4章 ファイル/ディレクトリのアクセス制御

第5章 ファイルシステム管理応用

第6章 パッケージの管理/ネットワーク管理

※カリキュラムは進捗状況などにより、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

スケジュール・お申し込み Schedule

日付 会場 申込状況
2018年08月17日(金) 恵比寿(本社会場) 締切り  
2018年11月19日(月) 恵比寿(本社会場) 締切り  
2019年02月20日(水) 恵比寿(本社会場) 受付中 お申し込み
 

注意事項

  • ※お申込人数が3名に満たない場合は、開講できない場合がありますことを予めご了承ください。
    この場合は、当社より直接ご連絡いたします。
  • ※諸事情により開講時間を変更する場合がございます。
  • ※講義の録音・撮影はご遠慮願います。
  • ※テキストは会場にてお渡しいたします。(講座受講以外の方へのテキスト販売は行っておりません。)