Linuxサーバ構築Ⅱ
(実習あり)

【初めてLinuxでサーバ構築を行う方におすすめ】

Linuxをサーバプラットフォームとして使用し、メールサーバの構築手順を学ぶ研修です。SendmailによるSMTPサーバ構築と、DovecotによるPOPサーバ構築について、座学と実機を用いて学習し、構築したメールサーバ間で実際にメールの送受信を行います。演習では、1人1台のCentOSを使用します。本コースは、「e-mailが送受信される仕組みを理解する」「クローズ環境でメールサーバの構築ができる」「メールサーバに必要な管理作業を理解する」これらを目標にしています。

■実行項目
・Sendmailの構築/動作確認
・Dovecotの構築/動作確認

※前提知識として、「ネットワークの基礎Ⅲ」「Linux基礎」「Linux管理」を修了されているか、同等の知識が必要です。
■必要知識の目安
・Linuxのコマンドによるファイル操作ができる
・viによるファイルの編集操作ができる
・IPアドレス、サブネットマスク、といったネットワークの基本用語が理解できる

INFORMATION 講座情報

研修形態・時間 講習会/1日間(10:00~17:30)
定員 10名
受講料 35,000円(税抜)
プログラム

第1章 メールシステムの概要

第2章 SMTPサーバの構築

第3章 POPサーバの構築

第4章 メールサーバの運用

※カリキュラムは進捗状況などにより、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

SCHEDULE 開催日程

日付 会場 申込状況
2019年06月21日(金) 恵比寿(本社会場) 締切り  
2019年08月22日(木) 恵比寿(本社会場) 締切り  
2019年10月23日(水) 恵比寿(本社会場) 締切り  
 

注意事項

  • ※お申込人数が3名に満たない場合は、開講できない場合がありますことを予めご了承ください。
    この場合は、当社より直接ご連絡いたします。
  • ※諸事情により開講時間を変更する場合がございます。
  • ※講義の録音・撮影はご遠慮願います。
  • ※テキストは会場にてお渡しいたします。(講座受講以外の方へのテキスト販売は行っておりません。)
CONTACT