ニュース

News

エントリー一覧

2018.02.20

Amazon Connectを活用した
クラウド型コンタクトセンターサービス
「Managed Connect Service」を提供開始

Press Release

Amazon Connectを活用した
クラウド型コンタクトセンターサービス
「Managed Connect Service」を提供開始

クロス・ヘッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:関根尚、以下クロス・ヘッド)は2018年2月20日、アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)が提供するクラウド型コンタクトセンターサービス「Amazon Connect」を活用したコンタクトセンターサービス「Managed Connect Service」の提供を開始します。

「Managed Connect Service」とは

Managed Connect Service(略称MCS、以下MCS)はクロス・ヘッドの強みであるITインフラ運用サービスを、AWSが提供するコンタクトセンターサービス「Amazon Connect」を活用して提供することで、コンタクトセンターの運用管理者の負荷軽減と、低価格・高品質・スピーディなコンタクトセンター開設を実現するサービスです。

製品やサービスなどの問合せ電話窓口であるコンタクトセンターを開設する場合、一般には多額の設備投資が必要で、かつその開設には数ヶ月単位の期間を要しました。また、開設後の管理者配置やシステム基盤の維持管理も容易ではなく、こうしたハードルの高さから、コンタクトセンター開設を断念するケースも生じています。

MCSはAWSが提供するクラウドサービスの特長を最大限に活かし、1席、2席といった小規模なコンタクトセンターから、迅速かつコストを抑えた形でのコンタクトセンターの開設を可能にします。これによりコンタクトセンター開設のハードルを大幅に下げるとともに、中小規模の事業所や組織のビジネス拡大に貢献します。

MCSのシステム基盤はクロス・ヘッドが運用代行し、コンタクトセンター開設後の維持管理に関わる業務負担を軽減します。運用代行ではAWS利用料の日本円での請求書による支払代行、各種設定変更、レポート提供、Webコンソール提供などを行ないます。また、MCSはAWSクラウドサービスと高い親和性があるほか、コンタクトセンターCRM「FastHelpシリーズ」を提供するグループ会社のテクマトリックスとも協業して行きます。

 

■サービス提供開始の背景

クロス・ヘッドは創業以来25年以上にわたり、ITインフラ分野の設計・構築・運用・保守などを手がけてまいりました。また、ITインフラのクラウド化拡大にともない、AWSを活用したサービス提供に注力しており、AWSパートナー ネットワークのスタンダード コンサルティング パートナーとして、のべ約200名を超えるAWS認定資格者(アソシエイトおよびプロフェッショナル)を有しています。

こうして培った技術力と実績を活かすべく、Amazon Connectを活用したコンタクトセンターサービスとして「Managed Connect Service(MCS)」を提供開始します。

MCSは、クロス・ヘッドの運用監視センター(CIIC)と連携しており、運用代行サービスはこのCIICから提供します。また、ご要望に応じ24時間365日のシステム基盤監視サービスも提供可能です。

■3月末までキャンペーン実施

2018年3月末までにご利用契約が締結完了した場合、キャンペーン特別価格として初期費用98,000円。月額費用49,800円~(最長6ヶ月間)でご提供します。詳細は製品Webページをご覧ください。

※当サービスの最低利用期間は1ヶ月間となります。

※解約後に再契約された場合、電話番号が変更となり、再度初期費用が発生します。

※その他サービス内容の詳細は製品Webページ(https://www.crosshead.co.jp/AWS/mcs.html)をご覧ください。

 

【会社概要】

社名: クロス・ヘッド株式会社
代表: 代表取締役社長 関根 尚
本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー27F
URL: http://www.crosshead.co.jp/
資本金: 3億9,500万円
従業員数: 391名(2017年4月現在)※グループ従業員数:459名
事業内容: ソリューション事業(ITシステム基盤のコンサルティング・設計・構築)、プロダクト事業(海外IT製品の輸入・販売・サポート)、エンジニアサービス事業(ネットワークエンジニア常駐派遣)など

 

製品・サービスおよびプレスリリースに関するお問い合わせ先

クロス・ヘッド株式会社 CSI事業推進部 山内(やまうち)

TEL       03-5793-3631

E-mail    ch-cloud@crosshead.co.jp

URL       https://www.crosshead.co.jp/AWS/mcs.html

 

※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon Connectは、米国その他の諸国における、Amazon.com,inc.またはその関連会社の商標です。

2018.02.02

沖縄クロス・ヘッド、オラクルの
データベース専用ディザスタリカバリサービスを開始

Press Release

沖縄クロス・ヘッド、オラクルの
データベース専用ディザスタリカバリサービスを開始


沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、弊社)は、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 日本オラクル)が販売するデータベース専用機、Oracle Database Applianceと、弊社のデータセンター「OCH POWER」を組合せたOracle Database専用のディザスタリカバリ(災害復旧:以下DR)サービスを開始することをお知らせいたします。

1. 背景

多くの電子データを抱える企業の事業継続計画(以下BCP)において、特にミッションクリティカルなデータのDR対策を行うことは企業にとって非常に重要なテーマとなっております。特に中小企業でDRを実現するためには、要件の定義や費用の問題、人材のリソース等課題が多く実現にはハードルが高い状況となっておりました。
この課題に対して弊社では、独自開発したリモートコントロール可能なデータセンター「OCH POWER」と、付随するネットワークやセキュリティサービスと各データの種類に最適な機器を組み合わせて、「OCH POWER BCPパッケージ」をサービス化いたします。
本サービスの第1弾として、企業へ多くの導入実績があるOracle Databaseを対象にし、Oracle Database Applianceのバックアップ先を沖縄にするワンパッケージDRサービスを開始いたします。

2. 概要・特徴

首都圏から1,600Km離れ同時被災の確率が低い、沖縄県宜野座の弊社OCH POWERのラックにネットワーク、セキュリティ、Oracle Database Applianceを組み合わせて、OCH POWER Webコンソールからデータベースの遠隔操作までを実現し、災害等の緊急時にも企業が現地に駆けつけることなくDRを実現するオラクルのデータベース専用サービスです。

3. 今後の展開

本サービスは、日本オラクルのパートナー様を介して、全国展開いたします。
弊社は、今後も、中堅・中小企業が、安価で簡単にIoTサービスを利用できるサービス展開を目指します。


<会社概要>
商   号  :沖縄クロス・ヘッド株式会社(http://www.och.co.jp/
代 表 者  :代表取締役 渡嘉敷 唯昭
本店所在地  :沖縄県那覇市旭町1番地9 カフーナ旭橋B街区ビル 3階
設立年月日  :2006年6月
資本金    :51百万円

主な事業の内容:沖縄クロス・ヘッドは、県内外や海外を結ぶネットワーク基盤およびクラウド基盤を運用し自社データセンターサービス「OCH POWER」や、自社プロダクトサービス「nas2cloud Plus」等を提供しております。

<本件に関するお問合せ>
沖縄クロス・ヘッド株式会社
・プレスに関するお問い合わせ
担当:プロモーションチーム
・営業に関するお問い合わせ
担当:営業部
TEL:098-860-0203
FAX:098-860-0204



本発表にあたり、日本オラクル株式会社様よりエンドースメントを頂戴しました。

「日本オラクル株式会社は、沖縄クロス・ヘッド株式会社のOracle Database専用ディザスタリカバリサービスの提供開始を歓迎します。当社は、企業や団体が業務データをフル活用し事業成長を支援する一方、データを資産として保護する事業継続性の観点でも多くの実績を有しています。
沖縄クロス・ヘッドは、災害・障害対策システム構築・運用における多数の実績があり、BCP対応を特長とするデータセンターを基盤としたクラウド環境に、Oracle Database Applianceを組み合わせた災害・障害対策ソリューションの提供を通じ、お客様のビジネスの継続的な発展に一層貢献されることを期待しております。」

日本オラクル株式会社
常務執行役員
大月 剛


日本オラクルについて

オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp


オラクルについて

Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。