標的型攻撃メール訓練サービス

貴社の標的型メール攻撃体制の備えは万全ですか?
IT担当者の方以外でも簡単に社員のセキュリティ意識を可視化!
「標的型攻撃メール」の訓練が実施できるクラウド型サービスの登場です!

お問い合わせはこちらから

標的型攻撃メール訓練クラウドサービス

製品概要
標的型攻撃メール

貴社の標的型メール攻撃体制の備えは万全ですか?
IT担当者の方以外でも簡単に社員のセキュリティ意識を可視化!
「標的型攻撃メール」の訓練が実施できるクラウド型サービスの登場です!

背景

様々な業種でサイバー攻撃の被害が後を絶ちません。その多くはEメールを媒介とした標的型攻撃によるものです。 ファイアウォールやエンドポイント向けに脅威防御対策の製品が多数販売されておりますが未知のテクニックを駆使したゼロデイ攻撃については完全な防御は難しい状況が続いています。 Eメールを媒介とする標的型攻撃についても、セキュリティ製品だけに頼った防御だけでなく、メール受信者である方々にも「標的型攻撃メール」についての知識や耐性をお持ちいただく必要があります。

標的型攻撃メールとは?

リーフレットダウンロードはこちら

少し前であれば明らかに「怪しそうだ」と察知できる表題や文面でEメールが送信されておりましたが、昨今の攻撃者が送信するメールは巧妙で通常業務で利用されるような内容で容易に攻撃を判断できる状況にありません。これにより、受信者がEメールを開封する事象が多発しています。 標的型攻撃メールは、企業・組織の情報を盗み取る攻撃者が攻撃対象者へEメールを送り、攻撃対象者がEメールを開封することでマルウェアが実行されます。時には悪意のあるWEBサイトへ誘導されることもあります。実行されたマルウェアは攻撃対象者のPCを乗っ取り、結果的に企業・組織の保有する情報が流出する事故が発生します。

標的型攻撃メールとは

クロス・ヘッドの標的型攻撃メール訓練クラウドサービスとは?

「クロス・ヘッド 標的型攻撃メール訓練 クラウドサービス」は、「標的型攻撃メール」を経営者や情報システム管理者、管理部門の方が簡単に生成・送信でき、開封率や添付ファイルの実行率、URLへの誘導率をレポート形式で簡単に入手できるクラウド型訓練サービスです。 当該サービスを定期的に実施し、企業・組織の方々が標的型攻撃メールを見極める能力を向上させ、管理者の方は所属される企業・組織のサイバー攻撃耐性を確認・向上させることが可能になります。 「クロス・ヘッド 標的型攻撃メール訓練 クラウドサービス」は、クラウド上にあるWEBサーバへアクセスし、選択・実行をするだけの簡単導入サービスです。申込み後、すぐに訓練の開始が可能です。

標的型攻撃メール訓練 クラウドサービス

サービスの特長

  • 契約毎に完全に独立されたセグメントで社員情報を完全保護。
  • クラウドサービス型で訓練開始まで手間いらず。
  • WEB画面で簡単設定、データもExcelで簡単入力。
  • 多数のテンプレートを準備、送信元を始めカスタム可能。
  • レポートも判りやすい簡単フォーマットを採用。
  • 契約料金は固定、契約期間中は使い放題。
  • アンケート機能を利用し詳細な行動分析が可能。

こんな方におすすめ

  • セキュリティ対策はしているが情シスへの感染報告が減らない。
  • 教育はしているが社員のサイバー攻撃耐性を把握できていない。
  • 外部との連絡の大半はEメールを利用している。
  • 社内外のイントラ環境が整っており、その環境に慣れている。
  • IT担当者では無いので難しそうな訓練ツールは敬遠する。

判りやすいレポートデータ

レポート出力についてはご契約者様の要求も多岐に渡ります。当該クラウドサービスでのレポート情報はCSVファイル形式の統計情報をWEB画面から簡単にデータ出力することが可能です。これにより、ご契約者様は自由なフォームで報告書を作成することができます。また、弊社にて報告を実施させて頂く場合は下記のレポート形式にてご提出致します。

レポートサンプルはこちら