SecureCore
ID/パスワード+USBトークン
による二要素認証

SecureCore Standard Editionは、1本のUSBトークンでWindowsログオン、PCロック、シングルサインオンを実現する総合PCセキュリティソリューションです。ID/パスワード+USBトークンによる二要素認証を実現し、情報漏洩対策に最適なソリューションを提供します。

評価版無料貸出・資料のご請求はこちらから

SecureCore

PCロック

SecureCore Standard Edition

  • Windowsログオン
  • シングルサインオン
  • 電子証明書
  • ワンタイムパスワード
  • ログ管理
SecureCoreによる情報漏洩対策
SecureCore Standard Editionの機能
Windowsセキュアログオン/PCロック
標準機能
USBトークンによるセキュアログオン

USBトークンを物理的な「鍵」としてログオンします。USBトークンを挿入しないとログオンできず、USBトークンを抜くと自動的にPCロックがかかります。

管理ツール
標準機能
大規模導入にも対応できる
容易な管理機能

・トークン初期化ツール
・ワンタイムパスワード発行
・トークンロック解除
・ログ管理(SecureCore RSS連携)

シングルサインオン
オプション1
容易に設計できるシンプル設計

様々なWebサイトへのユーザID・パスワードをUSBトークン内に格納し、認証時に自動的に送出することができます。

電子証明書/認証情報の格納
オプション2
機密情報をセキュアに格納

ePassUSBトークンに電子証明書や認証情報をセキュアに格納させる事ができ、様々なPKIソリューションと連携できます。

管理ツール

USBトークンの初期化、ロックの解除、ワンタイムパスワード(OTP)の発行、ログの確認などが可能です。

ログ管理

いつ、誰が(どのUSBトークンで)、どのようにPCを利用したかをログに記録することができます。

ワンタイムパスワード(OTP)

USBトークン紛失時にはワンタイムパスワードでログオンできます。また、Windowsのセーフモードにも対応し、不正利用を強固に防止します。

サイレントインストール機能

導入時やマスターPCなどの作成時に便利な「サイレントインストール」モードを標準搭載。インストール時に指定するオプションを事前に設定できます。

機能の追加

SecureCoreでは機能を選択する事ができ、既存のSecureCoreをアンインストールすることなく、後から追加機能を導入する事も可能。段階的にPCのセキュリティを高める事ができます。

SecureCore RSSと連携

SecureCore RSSと併用利用することで、PC側のログオン、ログオフの証跡管理が可能となります。またPCのオンライン利用時は、USBトークンの差し込みが不要、PCのオフライン利用時のみUSBトークンの差し込みを必須とする運用が可能です。

動作環境
  クライアント
サポートOS Windows 10 32bit/64bit
Windows 8/8.1 32/64bit
Windows 7 32/64bit SP1
Windows Vista 32bit SP1
Windows XP 32bit SP2/SP3
Windows 2000 Professional SP4
クライアント機器要件 CPU: 800MHz以上
メモリ: 512MB以上
ハードディスク: 20MB以上の空き容量
対応ブラウザ Windows 10 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows 8 Internet Explorer 10
Windows 7 Internet Explorer 8, 9, 10, 11
Windows Vista Internet Explorer 7, 8, 9
Windows 2000 / XP Internet Explorer 6, 7, 8
USB環境要件 コネクタ: タイプA
インターフェース: USB1.1, 2.0

USBトークン

ePass2003

接続するだけで使える、
次世代アルゴリズム搭載のUSBトークン
  • オンボードでRSA2048bit、AES256bit、SHA-256の暗号化を実現し、セキュリティレベル強化
  • Windows7/8/10では接続するだけで利用可能
  • FIPS 140-2 Level2、Common Criteria EAL5+モジュール搭載で高い信頼性を実現(A1タイプ)
  • スマートカードログオン対応でリモートデスクトップ接続、シンクライアントへの利用が可能
  • 64KBユーザメモリ(2048bit鍵長証明書が最大9枚格納可能)
  • Microsoft Minidriver/OpenSCに対応
電子証明書をセキュアに格納するUSBトークン

ePass2003は、高速スマートカードチップを搭載した製品で、通常スマートカードとカードリーダーのセットで実現される機能を本体一つで実現することができます。また、スマートカードチップの技術により複製が困難なため、安心して携帯頂くことができます。VeriSign、Entrust、Betrustedなどの主要な認証局の電子証明書をはじめ、CheckPoint VPN-1、Cisco VPN3000、NetScreenなどの様々な製品をご利用される際の電子証明書や秘密鍵の格納に対応しています。さらに、秘密鍵をUSBトークン内でオンボードに生成することができます。弊社が提供しているSDKを利用して、既存のセキュリティアプリケーションへの統合や、新規開発が容易に行えます。

動作環境
  ePass2003
サポートOS Windows Vista, Windows 7, XP SP3, Windows 8/8.1, 10,
Windows Server 2003/R2, 2008/R2 (32/64bit)
Windows Server 2012/R2 (64bit)
Linux
Mac OS X
製品仕様
  ePass2003
ミドルウェア Microsoft Windows MiniDriver
Windows middleware for Windows CSP
Direct-called library for PKCS#11 under Windows, Linux & Mac
対応標準 X.509 v3 Certificate Storage, SSL v3, IPSec, ISO 7816 1-4 8 9 12, CCID
内蔵暗号化アルゴリズム RSA 512/1024/2048bit
ECDSA 192/256bit
DES/3DES
AES128/192/256bit
SHA-1/SHA-256
暗号化API Microsoft Crypto API (CAPI)
Cryptography API: Next Generation (CNG)
Microsoft Smart Card MiniDriver
PKCS#11
PC/SC
内蔵プロセッサー 16bit スマートカードチップ
内蔵メモリ 64KB (EEPROM)
書き換え寿命 500,000回以上
メモリデータの保存期間 10年以上
コネクタ USB 2.0 full speed, Connector type A
インターフェイス ISO 7816, CCID
消費電力 250mW以下
動作温度 0℃~70℃
保存温度 -20℃~85℃
保存湿度 0~100%(結露なきこと)
防水性能 IPX8
認定 Microsoft WHQL
Linux PCSC-Lite / Lib CCID
RoHS, CE, FCC

ePass1000ND

ドライバレスUSBトークン
  • ドライバのインストール作業が不要ですぐに利用可能
  • SDK(開発キット)付属のプライベートAPIを利用することでWeb認証システムを容易に構築可能
  • PIN番号(暗証番号)とUSBトークンによる二要素認証を実現
PCに接続するだけで利用できるドライバレスUSBトークン

多くのインターネット環境ではIDとパスワードによる簡単な認証を行っていますが、ID/パスワードは簡単に共有でき、また、憶測も可能で、近年ではID/パスワードの不正利用による被害が多く報告されています。その為、ID/パスワード認証を強化するデバイスの必要性に迫られています。ePass1000NDはドライバのインストールが不要 でPCと接続するだけで利用可能なため、ユーザーにとって便利で使い易いセキュリティデバイスです。管理者・開発者は付属のSDKキット(開発キット)を利用する事で、様々なWeb認証システムのセキュリティを強化する事ができます。

※デバイスドライバのインストールは不要ですが、トークンを管理するプログラムはPC側に必要です。

動作環境
  ePass1000ND
サポートOS Windows 10, Windows 8/8.1 (32/64bit), Windows 7, Windows Vista
Windows Server 2012/R2 (64bit), Windows Server 2008 (32/64bit), Windows Server 2003
製品仕様
  ePass1000ND
対応標準 PKCS#11, MS CAPI, X.509 v3 Certificate Storage, SSL, IPSec/IKE
内臓暗号化アルゴリズム HMAC-MD5, TEA
API Microsoft Crypto API (CAPI)
PKCS#11
内臓プロセッサー 8bit CPUチップ
内蔵メモリ 8KB (EEPROM)
書き換え寿命 100,000回以上
メモリデータの保存期間 10年以上
コネクタ USB 1.1/2.0, Connector type A
インターフェイス HID
消費電力 250mW以下
動作温度 0℃~70℃
保存温度 -40℃~85℃
保存湿度 0~100%(結露なきこと)
認定 RoHS, CE, FCC