このページでは、様々な経営課題をプロフェッショナルなエンジニアリング能⼒と情報技術への知⾒で解決して
きたクロス・ヘッド株式会社が提供する、情報シス⽀援やアウトソーシング受託サービス『情シスSAMURAI』
による、企業の情報シス部⾨の⽀援事例をご紹介しています。

IT相談窓口(ひとり情シス担当者の業務支援)
ひとり情シス→効率的な情シス代行(アウトソーシング)/ITアウトソーシング事例
情シス業務代行・業務改善
(ひとり情シス担当者の業務改善)
ひとり情シス→週1回の情シス業務代行&ひとり情シスの課題整理事例
IT資産管理支援
(ひとり情シスの業務改善コンサルティング)
情シス部門のノウハウ不足→プロフェッショナルへのアウトソースと運用改善事例
ヘルプデスク改善(情シス業務改善)
情シス担当者の属人化課題→情シス部門のコンサルティングと運用ルール策定事例
情シス業務アウトソース
(情シス業務改善・常駐・代行)
脆弱な情シスの体制→情シスアウトソーシングと常駐支援事例
クラウド化支援(情シス業務代行)
クラウド移行や運用への不安→クラウド移行プロジェクト支援事例
CSIRT構築(セキュリティ対策支援)
CSIRT(シーサート:Computer Security Incident Response Team)構築PJ支援事例
働き方改革支援(基幹システム刷新)
生産性が低下していた社内の基幹システム→最適な製品の選定と業務フロー設計支援事例
情シス体制の改善
(運用・ヘルプデスク・セキュリティ・クラウド化)
情シス業務(ヘルプデスク・保守管理)の属人化→情シス業務の課題整理とDX推進支援事例
ひとり情シスの効果的な引き継ぎや情シス部門のアウトソーシングを検討中のみなさまへ

CaseStudy1
IT相談窓口
(ひとり情シス担当者の業務支援)

ホテル業(社員数約150名)

情シス担当者が1名いるものの、特別なIT知識やスキルを持っているわけではなく、手探りで業務をこなしている…。
そんな悩みを持っていましたが、なんでも相談できるITサポートや効率的な情シス業務代行を依頼することで、安価に会社の情シスの強化・効率化を行うことができました。

ご利用前の課題

  • ひとり情シス担当者の
    IT・
    セキュリティ
    知識への不安
  • アカウント管理業務の
    多大な作業工数

ITサポート:月3
アカウント管理:週1

月額:10万円

ご利用後の成果

  • 新システム導入の企画や
    セキュリティ対策の
    技術的な相談窓口
  • トラブル発生時の
    原因発見と解決の早期化
  • アカウント管理
    アウトソーシングによる
    メイン業務への注力

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy2
情シス業務代行・業務改善
(ひとり情シス担当者の業務改善)

飲食サービス業(社員数約100名)

日々の運用業務で情シス業務が捌けない…。情シス業務を整理している時間なんてない!
そんな時、週に1回情シスのプロが来てくれて、課題の整理や情シス業務代行を実施してくれました。これまで手につかなかった業務の改善や、新しい社内IT導入の企画に着手することができるようになりました。

ご利用前の課題

  • ひとり情シスのため
    日々の
    定常作業で手一杯
  • 情シスの業務未整理
    による
    タスクの
    遅延や停滞の発生

週1日訪問・業務代行
●情シス業務代行
●課題整理

月額:25万円

ご利用後の成果

  • 情シス業務代行による
    担当者の
    IT企画への注力
  • 情シス業務の現状分析と
    スケジュール・タスク整理による
    情シス業務の改善

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy3
IT資産管理支援
(ひとり情シスの業務改善コンサルティング)

飲食サービス業(社員数約200名)

各店舗のIT資産の把握ってどうやってやるの?システム運用ルールがないため、トラブルが頻発している!
IT資産管理などのノウハウを持った情シスのプロが構成図や運用フローをドキュメント化してくれた結果、トラブルの発生が抑えられ、クラウド化などの計画に時間を割くことができるようになりました。

ご利用前の課題

  • IT資産やシステム構成の
    未把握
  • IT運用ルールの未整備、
    ひとり情シスのため
    改善着手できない
  • システム
    企画・推進の停滞

週1日訪問・業務代行
●資産管理支援
●情シスPDCA
●ノウハウ提供

月額:30万円

ご利用後の成果

  • IT資産・システム構成図の
    整備による情シス担当者の
    業務時間削減
  • クラウド化・
    システム統合の

    計画と実行
  • 運用フローの見直しと
    ドキュメント整備による
    対応漏れや
    作業ミスの削減

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy4
ヘルプデスク改善
(情シス業務改善)

製造業(社員数約60名)

情シス担当者は複数いるものの、担当ごとに役割を決めているので結局属人化して休めない!
解決策として、情シス内での情報共有の仕組みを提案されました。問い合わせ対応など情シスナレッジを集約することで属人化も解消でき、対応スピードも速くなったことで残業も少なくなりました。

ご利用前の課題

  • 担当ごとの問い合わせ
    管理
    による属人化
  • 対応や管理のルールが
    定められていない
    ことによる対応漏れ
  • ドキュメント未整備
    による対応の遅延

週2日訪問・業務改善
●一元管理台帳の作成
●更新管理ルール策定
●ドキュメント整備

月額:50万円
期間:1.5ヶ月間

ご利用後の成果

  • 複数担当者間での
    情報・状況共有による
    属人化の解消
  • 手順整備による
    対応遅延の解消
  • 管理台帳・
    ルールの策定による
    ナレッジの蓄積

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy5
情シス業務アウトソース
(情シス業務改善・常駐・代行)

AI関連企業(従業員数約300名)

会社は急成長したが、情シス体制はそのまま…。このままではシステムを維持できない!
どこから手を付けて良いか分かりませんでしたが、情シス業務の棚卸と分析をしていただき、アウトソース・情シス常駐をしていただいた結果、情シス部門として機能し始め、ネットワーク環境の改善やIT企画を行うことができるようになりました。

ご利用前の課題

  • 会社の成長に伴わない
    脆弱な情シスの体制
  • 業務の属人化による
    情シス業務継続の危機
  • 新規ITサービス導入
    知見の不足

●情シス業務整備
●システム要員常駐
●夜間、休日業務対応

情シスコンサル:85万円/月
常駐チーム:60万円/月~
BPOチーム:15万円/月
コンサル期間:4ヶ月間

ご利用後の成果

  • 情シス業務棚卸と
    業務分析による
    新体制の構築
  • 知見不足だった
    ネットワーク環境の
    整備と改善
  • 業務平準化とIT担当常駐・
    運用アウトソースによる担当者の
    IT企画業務への注力

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy6
クラウド化支援
(情シス業務代行)

金融決済業(従業員数約150名)

クラウドへの移行ってどうやってやるの?システムリリース後の運用はどうするの?
豊富なクラウド移行経験を持つプロジェクト管理者が適切な運営を行ってくれて、環境の構築もお任せできました。構築前の設計で運用者も参画してくれたので、システムリリース後もスムーズに運用につなげることができて安心しました。

ご利用前の課題

  • プロジェクト管理者不在
    による遅延の発生
  • AWS・インフラ知見の
    不足による高い業務負荷
  • 運用を考慮しない
    プロジェクト推進の不安

●プロジェクト支援
●クラウド環境構築
●運用設計~運用

AWS基本設計:個別御見積
AWS環境構築:個別御見積
システム運用:35万円/月
コンサル期間:4ヶ月間

ご利用後の成果

  • 経験豊富なプロジェクト
    管理者の対応による
    遅延の解消と完了
  • AWSアドバンスドパートナー
    としてお客様に最適な
    AWS環境の構築
  • 導入PJからの
    運用設計者参加による
    スムーズな運用業務への移行

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy7
CSIRT構築
(セキュリティ対策支援)

損害保険会社(社員数約470名)

セキュリティにはもっと力を入れなければならないことは分かっているが、スキルを持った人員がいない!
セキュリティ関連のマニュアルとフロー、そして長らく更新できていなかったの社内のIT利用規約の作成をお願いしました。結果、早期にCSIRTの体制を構築することができ、セキュリティ演習もつつがなく実施できました。

ご利用前の課題

  • CSIRT構築プロジェクト
    推進者の不足
  • 社内IT規約ドキュメントの
    未整備

●CSIRT構築PJ支援
●DeltaWallⅢ準備支援

週3日支援
80万円/月
期間:3ヶ月間

ご利用後の成果

  • CSIRTマニュアル・
    SOCマニュアル作成
    ⇒CSIRT体制構築
  • ドキュメント整備と
    管理手法の確立
  • 金融庁DeltaWarⅢに向けた
    サイバーインシデント
    対応能力の強化

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy8
働き方改革支援
(基幹システム刷新)

IT企業(従業員数約400名)

自社開発の基幹システムをつなぎ合わせて使っているので、いろいろと効率が悪い!
現行業務フローの整理から入っていただき、適した製品・サービスの選定やシステムに合わせた業務フローの再整備を行っていただいたおかげで、煩雑な手作業が減り、人事総務部門の働き方改革を実現することができました。

ご利用前の課題

  • 手作業による
    煩雑なデータ入力
  • スクラッチシステムの
    メンテナンスにかかる
    多くの工数
  • 限定された働き方
    しか考慮
    されていない
    勤怠管理システム

奉行シリーズ導入
(人事・就業・勤怠ほか)

●業務フロー整備
●製品選定、
システム設定支援

●運用設計

週3日対応:75万円/月

ご利用後の成果

  • 最適なシステム設計による
    データ入力、メンテナンス作業
    工数の削減
  • 人事情報の
    統合一元管理の実現
  • 業務フローの再整備と
    サービスの選定による
    働き方改革の推進

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

CaseStudy9
情シス体制の改善
(運用・ヘルプデスク・セキュリティ・クラウド化)

商社(従業員数約1,100名)

社内の情シスってこのままで本当にいいの?もっと効率的にできるんじゃないの?
なんとなく日々の情シス業務は回っていましたが、アセスメントを受け、課題の整理から解決の提案、24時間体制のアウトソースも含めた最適な情シス体制や最新のIT知見を持った情シスのプロのおかげで、情シス部門の業務が会社のDX企画にシフトしました。

ご利用前の課題

  • 情シス業務
    (ヘルプデスク・
    保守管理)
    の属人化
  • クラウド化も含めたDXへの
    未着手旧来
    情シス体制
  • セキュリティリスクの
    未把握

●情シス業務平準化
●情シス体制の再整備
(アウトソース含む)
●クラウド化運用整備

ご利用後の成果

  • 属人化解消による
    情シス業務継続性の
    向上
  • 情シスチームの業務が
    運用から
    DX企画へシフト
  • セキュリティリスク把握・
    クラウド化などDXに向けた
    システム強化

"情シスSAMURAI" が
情シスのお悩みを解決します!

お問い合わせは
コチラ

<ひとり情シスとは?>
「ひとり情シス」とは、企業の情報システムを一人で管理・運用する担当者のことです。システムの運用、保守、トラブル対応から、セキュリティ対策、さらには新技術の導入まで、幅広い業務を一人でこなすことが求められます。大企業であればチームで分担するような業務を一人で担うため、相当な負担がかかります。
さらに、企業としては、この一人の担当者が不在の時でも、円滑な業務運営を継続し、企業全体のITインフラも安定させなければなりません。

<ひとり情シスの課題>
情シス部門は、システムの設計からメンテナンスまで幅広い業務を担当します。その役割や仕事内容は多岐にわたりますが、以下に一般的なものをいくつか挙げます。

システム管理と保守:社内ネットワークやデータベースの管理、セキュリティの確保、システムの障害対応など。
技術サポート :社内のユーザーに対する技術的なサポートやトレーニング。
戦略立案と導入:新しいテクノロジーの導入による効率化や業務改善、ビジネスニーズに基づいたシステムの仕様検討。
予算管理: 社内のIT関連予算策定と予実管理。

これらの役割は、社内の情報システム部門が1人の担当者で構成されていても、その担当者はリソースを効果的に管理し、事業目標達成に向けてバランスを取る必要があります。
しかし、ここで“ひとり情シス”が直面する課題があります。
技術の急速な進化にキャッチアップし続けること、属人的になってしまった業務の過負荷、そして、その唯一の情シス担当者が退職した場合の引き継ぎの問題など、ひとり情シスが抱える課題は多岐にわたります。

以下に主な課題を挙げてみましょう。
【過重労働】
ルーティンワークに加え、システム運用やトラブル対応に時間を取られ、休む暇がない。
新しいプロジェクトが始まると、さらに業務量が増加する。
【リソース不足】
一人で全ての業務をこなすため、リソースが限られている。
緊急対応が重なると、通常業務が滞る事態にも陥る。
【幅広いスキルの習得】
常に最新技術を学ぶ必要があり、幅広い知識とスキルが求められる。
セキュリティ、ネットワーク、サーバー管理など、多岐にわたるスキルセットを維持しなければならない。

<ひとり情シスが増加する背景>
ひとり情シスが増加している背景には、企業のIT予算削減やリソースの最適化が大きな要因として挙げられます。特に中小企業では、限られた予算内でIT運用を維持するため、情シス担当者を一人に絞るケースが増えています。経費の削減が図れる一方で、ひとり情シス担当者に多くの業務が集中することになります。

また、ITの進化により、システム管理やセキュリティ対策の重要性が高まっているにもかかわらず、専門的な知識を持つ人材の確保が困難であることも、ひとり情シスの増加に拍車をかけています。さらに、近年のリモートワークの普及やクラウドサービスの進展に伴い、企業のITインフラが複雑化し、多様なスキルセットが求められるようになっています。
このような状況下で、ひとり情シスが担当する業務範囲が広がり、結果として一人の担当者に多くの責任が集中することとなっています。

<ひとり情シスにより業務が属人化することで孕むリスク>
ひとり情シスの体制は、業務の属人化を招き、多くのリスクを孕む可能性があります。
まず、特定の担当者(ひとり情シス)に知識やスキルが集中するため、その担当者が休暇や病気で不在となった場合や、退職した際に業務が滞るリスクが高まります。特に中小企業では、代替要員を確保することが難しく、業務の継続性が損なわれる事態になりかねません。
また、特定の担当者(ひとり情シス)に依存することで、業務の効率化や問題解決のスピードが低下することがあります。そのひとり情シスの単一の視点に頼ることで、新技術の導入やセキュリティ対策が偏り、企業全体のIT戦略が歪むリスクも存在します。
このようなリスクを軽減するためには、業務の分散化と知識の共有が重要です。

<効果的な情シスのアウトソーシング>
情シス部門において、業務が属人化してしまった担当者やひとり情シス担当者が退職すると、企業の社内IT環境や事業推進、またはBCP(事業継続計画)に大きな影響を与える可能性があります。
そのため、情シス担当者の引き継ぎプロセスや、情シス業務の代行や外注先を策定しておくことが必要だと考えます。

以下は、引き継ぎプロセスのスムーズな進行や情シス部門のアウトソーシングに備えるため際のポイントです。
 ドキュメントの整理:システム設計、ネットワーク構成、パスワード情報など、重要な情報を文書化する。
 トレーニングとナレッジ共有:退職前に、新たな情シス担当者や他の社内関係者に必要なトレーニングやナレッジ共有を実施する。
 外部のサポート活用:予め、アウトソーシング先やコンサルタントのサポートを利用し、引き継ぎプロセスを補完する。

〜情シス代行サービスや情シスアウトソーシングのベネフィット〜
・専門知識の活用:特定の分野に特化した専門家の知識と経験を活用できる。
・コスト削減:フルタイムの従業員を雇うよりもコストを削減できるケースもある。
・柔軟性と拡張性:プロジェクトごとに必要なリソースを調達しやすく、業務の拡張や縮小に柔軟に対応できる。

課題を抱えた情シス部門やひとり情シス担当者が全ての業務をこなすことは困難な場合があります。そのため、アウトソーシングは重要な戦略の1つとなると考えます。

〜ひとり情シスの効果的な引き継ぎや情シス部門のアウトソーシングを検討中のみなさまへ〜
近年、企業における情報システム部門(情シス)の役割はますます重要になっています。しかし、急速に進歩するテクノロジーやセキュリティ対策へのキャッチアップ不十分なケースや、中小企業では情シス部門の属人化やIT関連業務をひとりの担当者が全て担っているという課題も見受けられます。

クロス・ヘッドの『情シスSAMURAI』は、
・ひとり情シス課題や情シス担当者の属人化課題へのご支援
・持続可能な業務遂行を情シス部門が支援するためのコンサルティング
・情シス担当者退職発生時の引き継ぎ先とアウトソーシング
などをソリューションとして提供しています。
このソリューションを通じて、企業の情シス部門における技術革新を実現し、本業の競争力を高めることを迅速に支援いたします。