運用・監視・保守・BPOサービス
 ICT Innovation Center

ワンストップでトータルな
サービスをご提供

クロス・ヘッドは「IoT」「人工知能」「クラウド」をはじめとする次世代情報技術を駆使し、健全な社会の繁栄を実現します。

お問い合わせはこちら
保守

当センターの特徴

ワンストップでトータルなサービスをご提供

運用監視サービス

お客様が運用されているシステムに対するシステム監視やセキュリティ監視だけでなく、運用業務代行まで24時間365日でご提供します。

ハードウェア保守サービス

お客様が保有する各種 IT機器に対し、ハードウェア障害の切り分けおよび作業員による現地機器交換を含むハードウェア保守を24時間365日でご提供します。

BPOサービス

お客様が行っているIT業務の適正化支援を行い、さらに一部のノンコアIT業務を当センターが代行します。

当センターの強みと品質への取組み

強み その1センター内連携

当センターは、監視エンジニアとハードウェア保守エンジニアが同居室内に席を隣接して業務を行ってい ます。そのため、情報伝達が正確に行え、迅速なサービス提供が可能です。

強み その2お客様第一の意識と行動

当社エンジニアは「お客様第一」の意識を持ち、常にお客様にとっての”最善”を優先する思考を持ち合わ せています。また、判断力と実行力を兼ね備えたエンジニアが技術力を活かしフレキシブルなサービスをご提供します。

強み その3クロス・ヘッド全サービスとの連携

クロス・ヘッドでは多種多様な商材/サービスを取り揃えています。お客様のご要望に合わせ、クロス・ヘッド全社のサービスを連携させてサービス提供することが可能です。

品質への取組み その1情報セキュリティ対策

当センターでは、個人情報やサーバ情報などの機密情報の取り扱いにおいて、ISMS(※)に準拠した運用を行っています。

  • ※技術本部 システムサービス統括部 ICTマネジメントサービス部にて認証取得
  • ※2017年2月 システムサービス統括部にて認証更新

また、当センターではお客様情報資産を預かり、セキュリティ運用監視を請け負う上で必要となる、以下の情報漏えい対策を実施しています。

  • 監視環境への接続端末をMAC アドレスレベルで許可 / 拒否
  • 各端末の操作履歴情報の収集による不正操作防止
  • 監視カメラによるセンターへの不正入室防止
  • 指透過認証方式によるセンター入退室管理
品質への取組み その2災害時復旧対策

“止まらないサービス”を目指し、被災時にも業務継続を担保すべく、以下の対策を講じています。

  • 監視システムの冗長化
  • 災害発生時を想定した、定期的なセンター機能の移行・復旧訓練
  • 一部運用を沖縄の子会社へ移管し被災リスクを軽減
品質への取組み その3CS 研修
当センターでは「お客様第一」の意識を浸透させるため、CS 研修と称するお客様満足度向上に向けた定 期研修を実施しています。過去の対応事例を題材としてお客様にとっての”最善”を優先する意識と行動 を繰り返し教育しています。