safeAttachメール誤送信
対策ソフト

BRODIAEA safeAttachはうっかりミスを防ぐメール誤送信対策アプライアンスサーバです。 メール誤送信を未然に防ぐ、メール保留、自動暗号化、自動BCC化、送信ブロック、第三者確認などの機能を備え、簡単かつ低価格な導入と、柔軟な運用を実現するアプライアンス製品をぜひ、ご検討ください。

評価版無料貸出・資料のご請求はこちらから
  • BRODIAEA safeAttach

  • safeAttach Powered by CROSSHEAD

製品概要 機能 ラインナップ クラウド
サービス

safeAttachをお奨めする3つのポイント

添付ファイル自動暗号化

うっかりミスによるメール誤送信を送信前に確認して未然に防ぎ、添付ファイルの自動暗号化(パスワード自動生成)によって、面倒な暗号化作業の負担を軽減します。

豊富な機能でメールによる情報漏洩を防ぎます。
添付ファイル・本文自動暗号化機能

メール送信時に添付ファイルを自動的にパスワード付きのZIPファイルに変換。本文暗号化にも対応しています。

メール保留機能

メールを一時保留。宛先間違い、添付ファイルの付け間違いをチェックすることで、メール誤送信を未然に防ぎます。

Bcc強制変換機能

ルール条件に応じて、To、Ccのメールアドレスを強制的にBcc化。メールアドレスの漏洩を未然に防ぎます。

添付ファイルダウンロード機能

メールの添付ファイルを分離し、WEB経由でダウンロードが可能となり、受信側の制限を受けません。

第三者確認機能

保留されたメールの確認を、送信者以外の第三者が行うことにより、メール誤送信を未然に防ぐことが出来ます。

ライセンスフリーで運用コストを低減

運用に合わせてクラウドも選択可能

誤送信対策ルール設定使用例

添付ファイル・本文自動暗号化

  • メール本文、添付ファイルの両方を暗号化して送信する
  • ZIPファイルを受信できない企業に対しては、拡張子をzipからzi_に変更して送信する
  • セキュリティポリシーが厳しい取引先宛には、AES暗号化して送信する

メール保留

  • メール送信後、一時保留して、送信のキャンセルができる
  • To / CCに指定した社内の特定の同報者が、送信間違いに気付いた場合、送信のキャンセルができる

BCC強制変換

  • メールマガジン、お知らせメールなどの一斉配信メールは自動でBCC化して送信する
  • TO / CCへの宛先が10件を超える場合、自動でBCC化して送信する

添付ファイルダウンロード

  • 添付ファイルサイズが10MB以上の場合は、自動で「添付ファイルダウンロード」形式で送信、10MB以下の場合は、ZIP暗号形式で送信する

第三者確認

  • 第三者(例:上長)がメール内容を確認・承認後のみ、メール送信する

パスワード設定

  • 特定の取引先へは、固定パスワードを設定
  • 複数の送信先全てにに別々のランダムパスワードを設定

送信ブロック

  • 送信先がフリーメールのドメインの場合、メール送信をブロックする
  • 実行可能なファイルが添付されている場合、メール送信をブロックする
  • メールサイズが10MB以上の場合、メール送信をブロックする
  • Microsoft OfficeファイルがPDF化されずに添付されている場合、メール送信をブロックする
  • 特定のユーザによる外部へのメール送信をブロックする
  • 送信先(例:CC)に上長が含まれていない場合、メール送信をブロックする

メール誤送信対策の重要性

電子メール誤送信による情報漏洩事故が多発
  • 宛先間違いにより発生する事故
  • 一斉配信メール送信方法間違いによるメールアドレス漏洩

多くの場合はメール送信ボタンを押した直後~数分後に気付きます。

電子メールからの情報漏洩を防ぐためには
事故防止のためのルール徹底が必要
  • 電子メールの添付ファイルを暗号化する
  • 電子メール送信前に、宛先、内容、添付ファイルを再確認する
  • 宛先TO、CC、および、BCCの使い方をルール化する

しかしながら、いくら各人が注意を払っても、完全にミスを防ぐことはできません。
そればかりか、利用者の負担は増えるばかりです。

利用者の負荷を軽減し、確実なメール誤送信対策を実施するには

BRODIAEA safeAttachが必要です

機能詳細

製品名 safeAttach safeAttach
VM
safeAttach
クラウド
サービス
safeAttach
CUMO
製品形態 アプライアンス ソフトウェア
VMware対応版
クラウドサービス
暗号 添付ファイル
メール本文
AES
ダウンロード 添付ファイル
メール保留
第三者によるメール確認
運用ルールのグループ化
宛先のBCC化
本文・添付ファイルの自動暗号化

サーバ側で、自動的にメール本文・添付ファイルを暗号化。送信者の手間をかけず、簡単・確実に情報漏洩を防止します。
復号パスワードも自動生成・自動送信することが可能。パスワード送信ミス・紛失も防ぎます。
パスワードポリシーは宛先ごとのルール条件により、 固定パスワードやランダムパスワードを選択でき、文字数や指定文字などを柔軟に設定することが可能です。

ダウンロード機能

添付ファイルを分離し、本文メールに記載したURL経由で保存されたファイルをダウンロードで提供します。

ZIP暗号化方式

企業間取引で広く利用されているZIP形式を採用。特別なツールをインストールする必要がなく、受信者側の負担もかかりません。

間違いメールの復号化防止

万が一、宛先や添付ファイルを誤って送信してしまっても、パスワード通知メールをキャンセルすれば、メール復号化を阻止し、情報漏洩を防ぎます。

保留

メール保留機能は、本文内容・添付ファイル・宛先に間違いがあれば、メール送信のキャンセルを可能にします。

第三者確認

ルール条件に応じて、第三者による送信メールの確認・送信ブロックが可能です。

BCC化

ルール条件に応じて、TO・CCのアドレスを強制的にBCC化。アドレスの漏洩を未然に防止します。

グループ管理

グループ企業・部署毎に、権限を委譲でき、クラウド環境やサービス事業において円滑な運用が可能となります。グループ化機能は、管理・機能が分離され、完全に独立したルール運用を実現します。

AES

暗号化方式として、強度の高いアルゴリズム「AES 256bit」にも対応。強固な暗号化を実現します。送信するメールの目的に合わせた暗号化方式を選択できます。

その他の機能
  • 拡張子を変更して送信可能(例:xxx.zip → xxx.zi_)
  • 複数の添付ファイルを1つのZIPファイルで送信可能
  • メールサイズによるルール振り分け機能(例:10MBを超えるメールはブロック)
  • 暗号化メール・パスワード通知メールに任意のコメントを挿入可能
  • ログ管理機能・リソース監視機能
  • システム異常時のアラート通知(メール・SNMPトラップ通知)
  • 複数台構成時における設定同期機能

safeAttachラインナップ

製品名 safeAttach safeAttach VM safeAttachクラウド
型番 BRSA-05STD BRSA-05HX2 BRSA-05VSTD BRSA-05VHX2 safeAttach CUMO
スタンダード BRSA-C500
ハイスペック BRSA-C999
製品形態 アプライアンス ソフトウェア
(VMwareESXi対応版)
クラウド
希望小売価格 ¥1,800,000 ¥3,000,000 ¥1,200,000 ¥2,000,000 CUMO 1ユーザ ¥600/月※1
スタンダード OPEN/月
ハイスペック OPEN/月
目安 15,000通/時※2 45,000通/時※2 12,750通/時※2 38,250通/時※2 CUMO 10ユーザ~
スタンダード ~500ユーザ
ハイスペック ~5000ユーザ
HDD 80GB 1TB 最低要件 32GB 最低要件 160GB 14GB(増設可能)
RAID RAID 1 RAID 1+0 - - -
メモリ 2GB 8GB 初期値 1G 初期値 4G 1G
10/100BASE-T - - - - -
10/100/1000BASE-T 2 4 - - -
電源 AC 100-120V + 200-240V
50/60Hz
- - -
電源容量 250W 750W×2 - - -
二重電源化 - ホットスワップ対応 - - -
サイズ 1U
42.4×434×394.3
1U
42.6×482.4×767.3
- - -
推奨ブラウザ Internet Explorer8.0以降
Microsoft Edge(最新版)
Mozilla Firefox (最新版)
Google Chrome (最新版)
保守概要
  • Tel、Fax、WebメールによるQ&A対応
  • 契約期間内のバージョンアップ・プログラムの提供
  • 故障機器の修理 (アプライアンスセンドバックサービス)
  • 月曜日~金曜日 9:30~17:00
    (祝祭日、年末年始及び弊社の休日を除く)
  • 初年度 : 本体出荷日の翌月1日から12ヶ月
  • 次年度 : 保守契約満了日の翌月1日から12ヶ月
  • 保守契約期間はハードウェア出荷日の翌月1日から最大5年間(miniは4年間)となります
  • Tel、Fax、WebメールによるQ&A対応
  • 契約期間内のバージョンアップ・プログラムの提供
  • 月曜日~金曜日 9:30~17:00
    (祝祭日、年末年始及び弊社の休日を除く)
  • 初年度 : 商品出荷日の翌月1日から12ヶ月
  • 次年度 : 保守契約満了日の翌月1日から12ヶ月
  • パッチ/バージョンアップのインストールサービスは含まれません
  • Tel、メールによるQ&A対応
  • 月曜日~金曜日 9:30~17:00
    (祝祭日、年末年始及び休日除く)
  • 契約環境の24時間365日監視
  • パッチ/バージョンアップのインストールサービスは、随時クラウドサポートセンターで実施
  • ご契約は月単位となります
  • ご契約後のコース変更可能

※1:10ユーザ~ご購入可能です。
※2:添付ファイルの自動暗号化機能のみ使用し、配送メール全体の10%が1MBの添付ファイル付きと想定した場合の目安です。

メール誤送信対策のsafeAttachにクラウドサービスが登場

クロス・ヘッドのsafeAttachクラウドサービスは、運用性、障害時の迅速な対応、セキュリティを考慮し、お客様ごとに独立したサーバーをご提供いたします。
また、24時間365日の有人監視体制により、safeAttachをフル機能で安心してご活用いただけます。

メール誤送信対策をフル機能で提供

製品名 safeAttach safeAttach
クラウドサービス
safeAttach CUMO
製品形態 アプライアンス クラウドサービス
標準価格(税別) 180万円~ 7万円~ 月額600円 / ライセンス
暗号 添付ファイル
メール本文
AES
ダウンロード機能※ 添付ファイル
保留 メール保留
第三者承認
(上司承認機能)
第三者による
メール確認
グループ化機能 運用ルールの
管理グループ
BCC化 宛先をBCC化

ライセンスフリーで運用コストを低減

アプライアンスとクラウドサービスから選択可能

safeAttachをご利用の皆様の声

KDDI株式会社様

「利用者からのクレームはありません。予想に反して早くsafeAttachを利用できるようにして欲しいという依頼が多数ありました」

エース損害保険株式会社様

「セキュリティを重要としているエース保険では社内の情報漏えい防止にsafeAttachを活用しています」

田辺特許事務所様

「規模や業種にかかわらず、どんな企業にも個人情報や機密情報があります。私たちのように情報システム部がない会社こそ、メールのセキュリティシステムは重要です」

株式会社アイピービー様

「safeAttachを使ってメールを送ることで、情報取り扱いの姿勢が周りに伝わります。会社の信用度が確実に増したと思います」