沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、当社)は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都江東区 代表者:代表取締役社長執行役員 吉田 仁志 以下:日本ヒューレット・パッカード)の最新テクノロジーと、利用に応じて柔軟に機器調達が可能なフレキシブルキャパシティサービスを活用し、データセンターサービスの自動化を実現した、次世代IoTセンターサービスを10月15日よりサービス開始を致しますので、下記の通りお知らせ致します。

1. 背景

あらゆるモノがインターネットによって繋がる、IoT時代では、通信、データの処理に大量のサーバーが必要となり、データセンターの需要は今後ますます高まってきております。 一方で、データセンターの設備は日本各地やアジアのデータセンターでも大きな差がないのが現状です。また、地理的優位性や最新設備だけで差別を実現することも難しい状況となってきております。
そこで当社は、地理的優位性に加え、沖縄県が整備した国際情報通信基盤と日本ヒューレット・パッカードと最新テクノロジーを活用し、ハウジングサービスとクラウドサービスを融合した次世代IoTセンターサービスを提供し、データセンターサービスの革新を目指します。

2. 概要・特徴

次世代IoTセンターは、外部からラック内の電源利用量、温度情報、搭載機器の位置情報、などの収集とサーバーの遠隔操作が可能な日本ヒューレット・パッカードのインテリジェントラックを標準設備として採用。インテリジェントラックの機能を活用した、物理サーバーと仮想サーバーを一元管理できる当社ウェブサービス「Webコントローラ」を開発し提供致します。
Webコントローラにより、データセンターのハウジングサービスもクラウド同様に遠隔より安全にアクセスし作業ができるため、これまでデータセンター利用者の課題であった「いざという時にはデータセンターに駆け付ける」必要がなくなります。
Webコントローラは多言語化対応であり、国内にとどまらず、アジア・全世界を含めたビジネス展開をされるお客様にもご利用しやすいサービスとなります。
また、日本ヒューレット・パッカードのフレキシブルキャパシティサービスを採用することにより、機器調達についても柔軟かつ即時対応可能な態勢を整えました。
これにより、次世代IOTセンターはお客様のニーズや市場状況の変化に迅速に対応可能なサービスを提供します。

3. 提供サービス

次世代IoTセンターの開設に合わせて、日本ヒューレット・パッカードは2014年より稼動中の「HPE 沖縄検証センター」を移設し、検証センターのサービスを拡大いたします。従来のインフラストラクチャ・仮想化検証環境に加えて、今後は更に、HPE Helionのクラウドプラットフォームをベースとして、下記のサービス検証/デモ環境の利用が可能になります。

【 2016年秋以降に提供予定の検証、デモ環境 】

・Hybrid Cloud/Hybrid IT ショーケース

HPE Helion OpenStackをベースとし、センターの高速・大容量ネットワークを活用した、Hybrid Cloud(Azure等)連携、DevOps、データセンター運用自動化、等の統合環境提供

・IoTコンピテンスセンター

東京本社内「HPE IoTコンピテンスセンター」のサテライトセンターとして、お客様先のIoTデバイスやHPE Edgelineサーバーと双方向通信が可能な、データ収集/蓄積/分析/制御の検証用プラットフォームの提供

・第一フェーズ:2016/10〜  ハウジングサービス開始

・第二フェーズ:2017/4〜   Webコントローラ提供開始

<サービス開始にあたり、西日本電信電話株式会社様よりお祝いの言葉をいただきましたのでご紹介いたします>

沖縄クロス・ヘッド様と日本ヒューレット・パッカード様との協業による次世代IoTセンターの開設、誠におめでとうございます。
クラウドに続く新たなICT市場の成長を牽引するIoTやAI時代の到来を見据えた御社の最新技術を取り入れたデータセンター事業の展開は、日本のみならずアジア領域への新たなビジネスの大きな架け橋となると確信しております。
当社としても、御社の事業展開を機により一層のパートナー関係を深化させていきたいと考えております。
御社の更なるご発展を祈念いたします。

西日本電信電話株式会社 沖縄支店
支店長 岩田 智